ライフスタイル

いらんお世話が焼きたい時に、心掛けてるあの事

 

良いか、悪いかよりも

好きか嫌いかで決める!

物事は、かなりはっきりとしたいです。

これだから、大人しくできません(苦笑)

 

 


 

分別(ふんべつ)

道理をよくわきまえていること。また、物事の善悪・損得などをよく考えること。
「―のないことを言う」「よく―して態度を決める」

仏語。もろもろの事理を思量し、識別する心の働き。

GOO辞典より引用

 


 

 

ただし、物事の道理を考える事は、大好きで得意です。

「時間」と「お金」に振り回されず、上手に使って、生きやすくしたい!と思っています。

そして、そんな私とおつき合いできる方
しかも、私が「本気」だせる方にだけ、「お客様」になっていただきます。

そして・・・・まぁーーード直球な対応をするので、怖がられたりもします(笑)

仕方ないよ・・・脇が見えないんだから、とお伝えします(笑)

そんな私をプロと認めて、お金を下さる方々には
今の私より、更に豊かで、仕合せな日々を送っていただけるように
その時、その場にあったアドバイスをします。

ので・・・・・単発相談は出来ません。

 

 


 

 

それでもですネ

これは、私なりに、とても大切に心掛けている事

それは、お互いの「境界線」を意識する事

家族であっても
夫婦といえども、別の人
親子といえども、別の人

世の中は、全て「人」と「人」との繫がりで出来ています。
が、それぞれの「人」の「個性」があり、「立場」があり
「境界線」も複雑に入り組んでいます。

その「別」の間に有る「境界線」を意識しみると
色々な事が見えてきます。

そこを、しっかりと見ていくので、問題解決の「糸口」が見つかります。

ただ・・・・その「境界線」を越える時には
相手に「越えますよ~~」「入って良いですか~~~」
お問い合わせをします。

人それぞれに違う「境界線」、しかも、立場違いで大変曖昧になってしまう物

それを大切にする事が「礼儀」だと思い、「礼儀」と「節度」に重きを置きながら

人と人との「和」と「協調」の繫がりを作っていると

事は、さらさらと流れていきます。


 

大好きで結婚した、秀俊さんとは

未だに、この「境界線」でモメモメします。

一生修行です

 

 

2013-09-16-12-14-41-768x1024
二度目の大病をして、退院しての「還暦の祝い」の写真です。

沢山の人に祝っていただき、そろそろ三年が経ちました。

心配のし過ぎをしてても、仕方ないので、放置しています。

残り時間の短くなった分だけ、二人は精一杯に「別の生き方」します(笑)

たまに夫婦、時にビジネスパートナー、そして切磋琢磨な仲間
もたれ合いの無い、人間関係の構築目指して、日々修業中

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く