ライフスタイル

健康長寿の秘訣は、実はたったひとつのあの事

 

月に一度通う、さいの整骨院さん

ここのところの「期限付き作業」に身体は、悲鳴を上げかけていました。

ただ・・・・この日まで
という治療予約日(行くと、次を予約して帰ります)まで
何とか、持たせるようにします。

おかげで、何とか健康を保てております。


滞らせない!

と、言う視点では、全ての事に通じています。

皆で、キメポーズをしていただきました。

そうです、「お金」とのお付き合いも、溜め込む事ではなくて

流れを創る事なのです。


 

基本は全て同じ

 

image

 

治療後にいただいた「白湯」

*新陳代謝が良くなる

*老廃物を流すデトックス効果

*血行促進

*便秘の解消

日本の昔ながらの健康法です。


 

 
心の健康の為にも、同じ事が言えます。

溜め込まないこと!

お財布の健康にも・・・・実は、お金は「貯める」のではなく「蓄える」を使います。

「貯める」という言葉には、

処理すべきものをとどこおらせる。 
ある状態でとめる。とどめる。

滞らせるイメージがあります。

なので、あえて「蓄える」を使い

金銭や品物などを、のちに役立てるために大切にためておく。
知識・力などを、必要に応じて発揮できるように身につけておく。

と、使い分けをします。


 

健康長寿の為に

身体・心・お金の三つのバランスが大切です。

どれが一つ欠けても、成り立ちません。

身体のトータルバランスをとっていただきに行き

皆でキメポーズとっていただいたのは、こんな理由です。

目指せ、健康長寿!!

 

 

 

 

あっ そうそう

アラン秀俊さんのお客様で、私たちが応援している

「やまと」の和泉手延べめん

天皇陛下に献上した歴史をもつ 伝統と由緒ある「やまと」の手延べめんのサイト

見てくださいネ

健康長寿を生活の中心としている私たちが

永くお付き合いをしたい方に

ご挨拶や贈り物の品として使っています。

そして、とても喜んでいただいている「めん」を紹介しています。

 

 

 

 

 

こんな可愛い熨斗で贈れます。
image

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く