ライフスタイル

平穏で在りたい! と、言いながらの「切磋琢磨」な日々、裏腹な中で生きています。

 

目の前に無くなると、無かった事になる=忘れ去る

目の前に有っても、見えない=気にならない

目の前に置かない、置きたくも無い=嫌い

 

 

 

人は、感情の生き物です。

私たち二人、かなり感情のはっきりとした生き物(笑)

温度差がはっきりしているので、解り易い(笑)

 

 


 

image

私は、甘い物が好き

どちらかと言うと、秀俊さんは苦手
でも、決して嫌いではありません。

が、好きでも無いと、秀俊さんが独りで、これは食べません。

こちら・・・以前に、少々の問題を起こした企業

ですが、もうすでに、そんな問題があった「影」など、みじんも無く
行列が出来ておりました。

デパートの地下の、菓子売り場に併設された「お店」でしたので
食べたい! 私が、順番待ちをして
菓子売り場を見てみたい秀俊さんが、菓子売り場を見学

 

 

とある時の、ワンシーンです。

 

 

 

そして、必ず二種類の注文をして、分け合う。

これが、二人でいるメリット

 

 

 


 

 

ところが・・・・・何かしらの「きっかけ」があれば

激しく「火の粉」を散らしながら、ぶつかり合います(おこちゃまです)

そして、そっぽを向く(苦笑)

突き詰め始めると、きっかけは???ぐらい、どちらでもいい事

 

 


 

 

そもそも「結婚」という儀式で結ばれるには、正反対が付き物。

自分に無くて、相手に有るのが、キラキラ輝いて見える。

ただ・・・・それが、鼻につくと、我慢でき無くなる。

 

秀俊さんが言ってくれた「良く気のつく人」は
裏を返せば「細かい事を、いつまでも追求する=うっとおしい

 

やれやれ

 

それでも、私たちは一緒を選択しています。

一緒に居るメリットがデメリットを超えているから・・・・と、信じて(笑)

 

 

そんな今日は、秀俊さんに、とっても素敵な機会を下さった方が

下見を兼ねて、アランチを召し上がりに
神戸マダーム方々をお連れ下さいます。

昨日から、メニュー決め、買い物、そして仕込みをしています。

私は、きっとお片づけくらいで、こっそり様子伺い

お互いの舞台には、踊り出ず
大人しくします。

しかし、すぐ近くで待機します。

ここでは、しっかりと脇を固めます!!

永くながぁーーーーーく続くためには、つかず離れず
しかも、個性を出しすぎない按配をつけ続けます。

二度の大病をした秀俊さんと、一緒を選択した時から

この按配のつけ方が、少しずつ解り始めました。

 

 

だけど・・・・四六時中は一緒に居たくないヨ
って、言われた時には、正直ショック

 

でも、それは私にも言えるワ

 

だって、お互い「個性」の塊なんだもーーーーーん

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く