ライフスタイル

私がこの子が欲しかった、本当の理由

随分前に、母からもらった「カメオ」です。
大きくて、ずっしりと重い

上質で上品な「アクセサリー」です。

私は、この「カメオ」を、ブローチとして使うのよりも
ペンダントとして使いたい!!

と、思いました。

が・・・私は「金属アレルギー」が有って(少しです)
長く金属が触れると、皮膚が赤くなります。

なので・・・ペンダントには、できません(泣)
とは、諦めたく無い天邪鬼

ビーズでつくられた「紐」を付けて

IMG_8807

これで、ペンダントとして使えます。

IMG_8809

まぁまぁ大きくて、重いです。

そう言えば・・・

IMG_8808

以前、母がカナダに行って買って来てくれた ペンダントヘッドを
付ける「紐」にも、付けてみました。

この紐の素材は、コットンです。

自分が気に入って買ったモノでは有りません。が、母の「思い」が詰まったモノを
譲られて、タンスの奥底に眠らせておくのは、しのびない。

これで、この秋から、私のアクセサリーのラインナップに加わってくれます。

 

 

 

と・・・ここまでなら、ただの「自慢話」
ですが・・・・更なる「自慢話」です。
お付き合い下さいませ~~~

 

 

 

 

ここで、私が言いたいコトは

置き換えて工夫をする!!
コトが大切

 

 

というコトと
「欲しい」を「要る」に
置き換えて探す!!

コトが大切

 

 

はい!! 負けず嫌いの天邪鬼は
こうして「タンスのこやし」に「陽」をあてます(笑)

 

 

私が、お客様の「面談」で、最初のうちに最も「重き」を置くのは

お客様の「やりたいコト」を聴きだすコト

そして、それを「実現」させる為の応援です。

その時に、探すのは「やり方」と「持ち物」
お客様自身が、まだ気づいていない「持ち物」を
タンスの奥底から、引っ張り出して「磨く」コト

 

それに、必要な「時間」と「やり方」を計算して導き出すのが

私の得意技です。

ただし・・・今回の「紐」のように
「突拍子も無い」と、思われがちな「モノ」に置き換えたり
「一般常識では、有り得ない」と、思われがちな「提案」になったりします。
(実際に、デパートの「カメオ売り場」で相談したら・・・鼻で笑われました)

そんな時には、お客様との「ミゾ」が出来
お客様は、自分自身で言った「やりたいコト」を忘れたの???
と、思えるくらいに
動くコトに躊躇を始めます。

動いていただかないと「やりたいコト」は
いつまで経っても実現しません。

ので、グイグイと背中を押し続けます。

それを嫌がるお客様には、その方の大切な「お金」をいただけないワ~
と、思い始めます。
(私は、私の「提案」にプロとしての自信を持ち

それを実現させるのに、応援しつづけるのが仕事だからです)

 

有る程度の「覚悟」を持って「動いた方」だけに「結果」が与えられます。

私は、私のそのグイグイに追随していただける方
↑↑↑↑↑
かなりの強引な上目線

そんなお客様とのお付き合いに「お金」をいただいています。

 

「今」は「目」には観えません。
し、すぐにすぐ「結果」にはたどり着けません。
が・・・永く続くには、永く続く「理由」が有り

それには「やりたいコト」が、その中心に

ドーーーーンと座っているコトが大切なのです。

私の「自慢話」ブログにお付き合い下さり
有難うございます。

 

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く