ライフスタイル

やっぱり楽しい「面談」、色々と画策している時には、頭の中が大騒ぎ

事業者のお客様の「未来」を一緒になって考えている「面談」が大好きです。

「永い期間の、その先の為の今と未来」を、行ったり来たりしながら「画策」します。

 

 

実に楽しい

 

 

 

本を読んだり、色々な情報を集めているのは、お客様
私との年齢差は、20歳以上。
息子のような年齢の方の、未来予想図を一緒になって描くのです。

 

事業継承を含めて

今有る「資産」を、将来に向けてどう「活用」するのか
(ここでの資産は、お金やモノだけでは有りません)

経営者の家に生まれて来ただけで
良い事も、良く無い事も含めて、沢山の「資産」と「課題」が有ります。

それでも、生きているという事は、ひるむ事無く進む事
ただ、真直ぐに前進するのか、立ち止まって周りを見据えるのか
その時の「状況」を観ながら、「先」に繫げるコトを「画策」します。

毎月、ご夫婦で「面談」をするので
お客様の性格や、周りの状況は、ほぼほぼつかめています。
その上で、合うと、色々と「質問」されます。
私が「質問」に応えて

一緒になってその「先」を考えて
「方向性」を決めながらの「前進」です。

そして、毎月それの「繰り返し」

それでも、積重ねた日々は、それなりの「結果」を生み出します。

 

 

 

 

私がしてる「面談」では

****************

 

しばらくの「期間」は
「カウンセリング」という手法で
「問題」を「あぶり出し」します。たぶん

それで、進むべき「方向性」が見え始めると
「コーチング」という手法で
「行く先」を「見据えて」
「歩き方」を「決め」ます。きっと

その上で
「ファイナンシャルプランニング」という手法で
それに「必要」な「お金」の確保をする為に
「人生30年計画」の「仮説」をたてはじめ
それに、みあった「歩き方」の「確認」をします。

 

****************

 

この「ファイナンシャルプランニング」を、学んだばかりの頃には

「今」のようなコトが出来るのか?
が、私の中の不安材料でした。
ので「カウンセリング」の勉強や「コーチング」の勉強にも行ってみました。
ただ、そちらは「入口」だけで済ませてしまいました。
(なので・・・たぶんやきっと)

 

私は、子供の頃から
自分の身を「安全な場」に置いてから
「モノゴト」を観察するのが「好き」でした。
(カウンセリングやコーチングという手法は、こうして身につけていたのカモ)

後は「お客様との相性」です。
「相性が良い」と、お客様との「掛け合い」がドンドン上手く行きます。

そして「お金」に対しては、比較的早い段階で「整え」ておきます。
(これには、永い時間が必要だから)

会う度、その「確認」をします。
「おしゃべり」という「名」の「面談」では
概ねそんな「コト」をしています。

 

 

今日は、創業の若者が、面談に来られます。
こちらの「成長」も楽しみで仕方有りません。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く