ライフスタイル

大きく挑戦を試みた時も有りました。が・・・足元と根っこに居る方が、安心を知りました。

起業してからの14年は、日々が挑戦の連続でした。

 

 

それは、それで楽しいコトも多くありました。
そして、私にとっても驚くほどに、色々なコトが出来るようになりました。

それに引換の、辛くて悲しいコトも沢山でした。

それの全ては、私自身のモノとコトとして、多くの財産となりました。

 

 

精一杯に生きて、精一杯に過ごしています。

 

 

その中で、何より精一杯なのが、待つコトです。

有る程度の「布石」を打っておいてです。

これが・・・周りには、中々理解してもらえず
残念な結果になると、結果だけは解るので
目の前で、右往左往が始まってしまいます。

だから・・・あの時

 

は、中々通用しないのです。

そうなのです。

言った私は、記憶していても
言われた相手が、「布石」を忘れている、もしくは、すっ飛ばしている。
から、なのです・・・

悲しい「別れ」は、そんな時に起こります。

それまでに使った、「労力」や「時間」が無駄になった気分になるからです。

それでも、ほんの少し成長したのか、そんな経験をしたコトが
私自身の「財産」になったのだと、思えるシーンに出くわすコトが増えてきました。

永く、やり続けてきたからこそ、得られたのです。

 

 

 

何もせずに、じーーーーっと待つのは、苦手で出来ません。
きっと、耐え忍ぶというイメージが、苦手なのでしょうね(笑)

それでも、やりたければやる。
やりたくなければ、やめる。

割と、はっきりとした性格なのです。

では、待てる時と、待てない時
もしくは、待てる人と、待てない人の違いは、と言うと

そこは、まぎれも無く、私の好き嫌いです。

相手にも、同じコトが言えますもんネ

それは・・・何とも、仕方ない!!

 

私自身の問題ならば、何とか・・・出来ません(笑)
ましてや、相手の「好き」「嫌い」の中にまでは、突っ込んでいけません。

適度な距離感を測りながら、一緒に居るコトを楽しめるには

やはり、根っこには、その相手が「好き」という感情を持てるか、どうかです。
でないと、長続きはしません。
し、面白がってなんていられません。

 

 

私は、大きくて立派な人には成れません。
↓↓↓↓↓

結構、きっぱり

小さくても、個性的で、柔らかな人でいたいです。

日本語の中で、とてもしっくりと来る言葉は「たをやか」

ただ、この言葉は「嫋」という漢字が使われていて
どーーーも、私のイメージとは、かみ合わない漢字(感じ)です。

それは、私の「心の根っこ」には、そんな憧れが有る!
と、いうコトで、ご容赦くださいね~

 

 

 

そして、これからお目にかかる度に

よーこさん、イメージいめーじ大切にして下さいよっ

って、私を応援して下さいね

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く