ライフスタイル

思い通りに進めていたい!!のは、私の「思い」ですっ けど、何かっ

ひとつの節目を迎える時には

 

落ち着いて、その場を見ているコト
しっかりと、その場を見据えているコト

 

知っては、いても中々出来ません。

 

 

私の仕事は、いつも一緒にいて
その方(周りの家族も含める)の、描く

「未来予想図」に近づけていくお手伝いです。

 

 

一緒になって

に、重きを置くと、ついつい一緒に「前のめり」になりそうです。

ここは、冷静に冷静に、れーーーせーーーに

数字を眺めながら、状況判断の材料を創ります。

というのも、私がおつき合いさせていただける方々は
家族経営で、従業員さんも少ない(いても10人程度)ところです。

 

アレも コレもやりながらの日々
(実際に私達も、現場をしながら、経営をしています)

 

しかも、一緒に考えた「未来予想図」を
しっかりと「保存」してあるのは、私の「頭の中のフォルダー」です(笑)

その「未来予想図」を、以前はエクセルでつくって
一緒に「目」で観て、確認のできる「形」にしていました。

 

そのとおりに実行するのは、お客様で
それが実現すると、思いどおりで喜べるのもお客様なのに

一回の「面談」で、それを創り
それに基づいて、色々と動くには
家族経営で、事業を営みながらの「それ」は、中々困難です。

 

日々、色々な出来事に翻弄されているからです。

 

特に、私がおつき合いしている経営者さんたちは「子育て中」の方が多い
「子供との時間」を大切に「今」を過ごすが「重要」です。

 

でも・・・ね

子供は成長するのです。

恐ろしいくらい、早く成長します。

其々自分の「個性」を、はっきりと見せながら

しかも、それを脇で観ていると
その時、その時の「状況判断」は、常に

やりたいコトに、向かっています(笑)

事業をしている「親」に観ていて欲しいです。

 

 

目の前に翻弄されると・・・「未来」が遠のくのです。

 

 

「未来予想図」は、その「未来」を向かえる為の「目安」

はい、ただの目安です。

私が大切にしたいのは、その「未来予想図」を忘れないコト

なので、毎月面談をします。

 

とは言え
在る一定の期間の「報告」も、しなければならないのです。

はい! 決算報告です。

その決算報告の為の、決算申告書は、税理士センセーに作ってもらいます。
が、その前のデータ製作については、事業をしながらの経営者さんの仕事
私がやるのは、それを税理士センセーにお渡しする手前で、整えるコトくらいです。

 

 

が・・・今回、こちらではこの「決算期の間」で
賃貸物件であった「お店」から
自社所有物件の、大きな「お店」にしていただきました。
ので・・・複雑な仕訳
しかも・・・生涯で、そう何度も無い仕訳がたんまり有って
有り過ぎて

仕訳入力を整える私にも、かなりの重圧がかかります。

IMG_9065

ふふふ「口裂け女」になり
こんなモノのお世話になりました(笑)

たった一度の決算に翻弄される訳には、行きません。

が・・・先ずは整えないとっ

 

 

傍らで応援していて、余計な「手出し口出し」してるのは

お客様のやりたい「舞台」を迎えていただく為です。

「数字」は、嘘をつきません。
だからと言って

「数字」にだけ翻弄させられません!!

お客様の「やりたい」に「数字の根拠をつけながら」応援します。

はい! それが私の「やりたいコト」だから

22552386_1358637954241499_4624338402590806929_n

 

やっと少し整いました。

こんなお客様とのシーンには、アラン秀俊さんは、私の足スタント(笑)

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く