ライフスタイル

私たちのサロンは「命と食の研究所」として、人と繋がり続けます。

おかげ様で、60代の私たちの過ごし方は

二人で「人のご縁の中で過ごす」と、決定しました。

って、今までもそうでした。が、更にそんな風に「地に足がついた」感じです。

 

奈良サロンを創った理由

 

長く過ごした日々の、色々な理由で「離婚する」でした。

何をどうしても上手く回らない、に疲れ果てて
別々の暮らしを模索していた時

ふと思い立ち、奈良サロンを創ろう!!と、決めました。
↓↓↓↓↓
まぁ よく、思い立ちます(笑)

それが、それが・・・・「今」に繋がるとは
(あっ  途中の諸々物語は、聞きたい方には別途)

 

やっと  やっと  長い長いトンネルを抜けた思いです。

 

 

 


 

奈良サロンを「命と食の研究所」にしたい!

 

が、二人の思いで、最近は特にその色を濃くしています。

 

だから余計にそうなのか・・・・元々なのか・・・
ここでは、あまり深堀せずに
二人の、これからの日々の創造に繋げる事とします。

 

そんな風に「心が決まる」と、コトはコロコロと「思い」の向きに動きます。

 

 

ご縁の有るお方からのご依頼で

昨日は、神戸のとある「学校」の同窓会に

「命の食」を提供させていただく任務を、いただきました。

アラン秀俊さんの創る「食」は、「命を繋ぐ」モノです。

丁寧に選び、丁寧に作り、丁寧に配膳し
傍で見ていて「愛おしさ」を感じます。

image

 

いただけた「お声」

image

 

こちらの学校の「理念」が

「真理と愛に生きる」って、私たちにも「ピッタリ」

 

image

こっそり・・・写しました。

image

帰りがけには、雨もやみ晴れ間が見えていました。

image

正門前を走る、レクサス君

これ、中々出来ない事なんです・・・

 


 

 

そんな今日は

淡路高校の先生や職員さんたちが

アラン料理教室の為に、奈良サロンにお越しくださいます。

私は、傍らで雰囲気を味わうだけ・・・・だと思います。

出すぎず、引きすぎず、塩梅つけつけのサポートです。

色々な意味合いの「命と食の研究所」


集ってくださる方々と、永く続く仕合せを繋いでいきます。

 

 


やってきたコト やりたいコト やろうとしているコト

繋がってきましたヨ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々
大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く