ライフスタイル

三歳児が会議の中心

毎月「面談」をするのは、方向性の確認です。

 

 

と言うと
ものすごーーーーく、きっちりやっているようですが

おやつを食べて、おしゃべりをして
たまーーーに、泣いたり笑ったり
と、賑やかな「時間」でも有ります。

 

 

女性が女性の視点(購買者視点)で、販売のお手伝いをする会社さんが
お客様です。
↓↓↓↓↓
私のお客様の中で、三番目に長く続いている、お客様です。

おつき合いのきっかけは、ご紹介でした。

起業して、一年経って
なんだかなぁ~と思う疑問も多く
その???を晴らす為に「経理を学ぶ」が、当初の目的でした。
ところが、お客様の疑問を晴らす前に
知らないコトだらけで、私の方の「なんで」「なんで」が多くて(苦笑)

仕事の内容もさることながら
やはり、その社長が何故「起業」したのか
誰を仕合せにしたくて「起業」したのか
どういう方向性に、会社を育てたいのか
等々・・・諸々、毎回色々と話していると
「経理」を教えるどころでは無くなり
そうこうしている間に、あっという間に一年は過ぎて行き
「決算」の時期がやってきます。
結果、経理は委ねられております(笑)

ただ。その頃、毎回お持ちになる「問題」を
お話していると、社長自身が、色々と気づき始めるのです。
↓↓↓↓↓
人と話をすると、問題の整理が出来るのです。
↓↓↓↓↓
私の「なんで」の質問に、社長自身が考え始めるのです。
↓↓↓↓↓
結果、ご自身で「問題解決」をされるのです。
私は「問題の糸口」を探り
その「糸口」を社長に手渡します。
ただそれだけで、毎回お持ちになる「問題」を
ご自身で解決されて、気分良くお帰りになられてしました(笑)

そうなんです「面談」の、大きな役割は
定期的に会って、お話をするコトで、ご自身で「整理整頓」をされるのです。
そう言った関係も、長く続くようになると
状況も変わって、スタッフさんが参加されるようになりました。
私が、スタッフさんの参加を提案させていただいた時に、少し躊躇されましたが
小さな会社(最初は社長お一人の起業でした)で、スタッフさんが増えるのは
嬉しい半面、諸々別のコトも起こり始めます。
という事で、関わる人との「共通の方向性」が必要と感じたからです。
↓↓↓↓↓
これも、おかげ様で、上手く行きました。

そして、思いもしなかったコトが起こっています。

というのは、社長の含めてスタッフさんも全員女子の会社さん
スタッフさんの「妊娠」から「出産」という変化も有って
スタッフさんのお子様も「面談」に加わってくれます。
↓↓↓↓↓
長く続く関係には、色々な変化が付き物(笑)

つまり、スタッフさんのお子様は、ママのお腹の中から
私の声を聴き、面談やママのお仕事の雰囲気を感じていたのです。

そのお子様は、すでに三歳のお誕生日も過ぎて
面談での「中心」になってくれています。
そう「方向性」は、そのお子様の「未来」です。

未来が明るく輝く方向
よここぶ笑顔の創造
↓↓↓↓↓
大きく出ましたが、楽しいコトの連鎖を産みます。

まぁ~~~楽しい時間です。
大声で笑ってばかりです。

毎月、楽しい時間です。

そろそろ13年以上のおつき合いで
途中の変化に、スタッフさんのお子様が3歳
あっと言う間に過ぎる時間に
進むその先を見据えて、どう進んで行くか
「テーマ」を考えるのは、とっても楽しい時間です。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く