ライフスタイル

子供の「なんで?」に、大人の都合を押しつけていませんか?

孫がおります。
小学4年生です。

 

 

色々と質問されます。
そんな時、即答します。
↓↓↓↓↓
孫の父親=私の長男に、随分と鍛えられました(笑)

 

 

私は、いつも私自身に「まっすぐ」で居たいと思っています。
なので、歪められると、悲しくなります。
だから、相手の「何で」にも、きちんと「応えていたい」のです。

 

 

そんな時、大人の都合で丸めこんでしまわないように
「答え」にも、それに伴う、こちら側の「質問」にも
曖昧にしてしまわないを、心掛けます。

これって、簡単な様で、中々難しいのです。

 

 

 

しかも
やっている「当の本人」=大人側は
「大人の都合」を、さも正しいかのように、押しつけガチです。
↓↓↓↓↓
忙しかったり、時間に迫られると、良くやります。
↓↓↓↓↓
これが、有難い事に、私の「子育て時代」には「専業主婦」でしたので
「時間」には、恵まれていました。
子供の言ってる「言葉」に、しっかりと「耳」を傾けていられました。
ただ、私の未熟さ故に、失敗も多かったです(苦笑)

 

 

 

 

今、お客様との「面談」の時には
その時の経験が、とても役にたっています。

そんな私が今有るのにも、私の母の影響も大きいです。

忙しかった私の母は、私の「何で」に
「こうだからこう!!」と、母自身の「正義」をぶつけてきて、曲げません。
経験が沢山有って、大切な子供を失敗から護りたい気持が
そうさせたのかもしれません(と、今だから言える)
↓↓↓↓↓
自分自身にも厳しいです。
が、私にも厳しかった・・・
↓↓↓↓↓
そんな時いつも
「納得のいく答えの基」に、自分の事を決めたい!!
と、結構食い下がっていました。
↓↓↓↓↓
天邪鬼な性格も、影響しています。
↓↓↓↓↓
そして・・・かなり、考え方は母にそっくりです(笑)
やり方だけは、見習わ無い、つもり

 

反面教師という「呼び方」なのでしょうか?

それでも・・・ネ
何故か近づく(笑)

そして、その時の「洞察力」や「観察力」そして「忍耐力」
が、今の私を創り上げています。

 

そう、今私は「母業」を続けているのです。
「大切な命の継承」には「母の心」を無くしては出来ません。
↓↓↓↓↓
くらい真剣です。

 

 

その真剣に、時々、孫にさえも「ばーちゃん怖い」と言われてしまいます。

曖昧さの中に自分を置かない!
は、優しそうに見えても、どこか「筋」の通った厳しさが有るのです。

それも、近づけば近づく程に、その厳しさが伝わるので

孫どころか、アラン秀俊さんに「距離置いて~~~」と、言われる始末(苦笑)

お仕事として関わるお客様にも、たまに言われます(笑)

自分自身の「何で」は、曖昧にしてしまうと
あとで「痛み」を持って、自分自身に襲いかかってきます。

 

 

 

「人を育む」には、「命」を繫ぐには
時には、待った無しで「判断」をする場面が有ります。
↓↓↓↓↓
これは事業者にとっても同じです。

その判断の為にも、自分自身の中に「答え」を持っている

この時代、流されてしまわない為に
絶対に必要な「生きるお作法」です。
↓↓↓↓↓
またまた、大きく出ましたーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く