ライフスタイル

お金の基や、経済活動のそもそもを考えると、見えてくるあのコト

通貨とは、流通貨幣の略称で、国家もしくは、その地の統治主体によって価値保証された

決済のための価値交換媒体。 政府租税の算定にあたって通貨を利用する

法定通貨仮想通貨地域通貨)。

モノやサービスとの交換に用いられる「お金おかね)」を、

経済用語では貨幣、または通貨と呼ぶ[1]

通貨は、現金通貨と預金通貨に大別され、前者は紙幣硬貨補助紙幣)であり、

後者は普通預金当座預金などの決済口座である[2]

 

 

以上、ウィキペディァより引用させていただきました。

 

 

難しそうですか?

 

 

私は、ファィナンシャルプランナーの資格取得の時に
いいぇ~~~それ以前から
商売を営む家に生まれ、アラン秀俊さんと結婚してからも
いつも、いつもこの「お金」と直結した生活のど真ん中を
生きています。

そして、その「お金」に対する考え方の「基本」は
生きながら身につけて来たものなのです。
↓↓↓↓↓
そうして得た、知識や知恵だけです。
が、大きく「マクロ」で考えたり、小さく「ミクロ」で考えたり
とにかく、考えてみるのは、好きで得意です。

そして、考えているだけでは無くて
実際に「使ってみての実感」も味わいたいのです。
↓↓↓↓↓
その上で、経験を積んで生きたいです。

 

 

 

IMG_0344

 

一応、資格保持者で有ります。
し、世の中の流れを掴んでいないと
プロとしての適格なアドバイスは出来ないゾ
とばかりに、業界誌は購読します。

そして・・・中身は、ペラ読み
気になるページも、ペラ読み
↓↓↓↓↓
流れを掴む為にだけです(笑)

 

 

そして・・・決定的な違いは、この情報は

「消費者」に向けて書かれて無くて
「販売者」に向けて書かれているのです。

私がプロとして「お金」をいただけるのは
「販売者」では無くて「購買者」の立場で、アドバイスが出来るからです。

IMG_0162

別の業界誌

IMG_0163

こんな記事もあります。

 

 

世界と日本(為替が介在します)

貸す側と借りる側(金利が介在します)

販売側と購買側(価値が介在します)

 

 

「お金」は、切り取る側面と、使う立場によって「変化」します。

その「変化」を知って使うコトと
難しくて、怖くて・・・と、知らずに過ごしながらも使うコトの「差」は

とてつも無く「大きな差」になります。

 

 

 

「金銭教育」などと、難しげな言葉を使わず
実践しながら「身につけていく」のは、生きていく上で「必要なお作法」です。

「お金」は「誰を喜ばせる道具」なのか
「どう使う道具」なのか
しっかりと身につけていただきたい!!

「お金」を大切に扱ってあげていただきたい!!

という事で、今まで遠巻きにしていたけれど
暴落をチャンスに、「仮想通貨」のお勉強始めるか

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く