ライフスタイル

追い込み型の私だからこそ見える「転ばぬ先」

まぁ~~~~よくやってしまいます。

止めときゃ良いのに・・・・というアレコレ

 

それでも、そのお陰で「その先」に出来る「ミゾ」が解ります。
えぇーーーーーーっと
決して、透視眼とかでは、ございません!→キッパリ

 

 

あえて言うなら「年の功」

そう、かなり長く生きて来ましたから・・・・・ネッ

 

 

 

家族経営で起こりがちなミゾの出来はじめ

 

こんなコトありませんか?

親と子

夫と妻

兄弟姉妹

姑と嫁

創業者と跡継ぎ

 

 

どちらが偉い!  という事は無いハズなのに

知らず知らずの内に

絶対に踏み込んではいけない、目の前の相手の「心」の大切な部分に
ズカズカと土足で踏み込みながらも
「相手の為」だと、口実つけつけ「自己主張」

 

している側は、案外気づいていない

けれど、されてる側は「痛い」

 

はい!  私、よくやってました

 

 

 

実は・・・・この理不尽な関係に、ヘキヘキしていたハズの私

なのに・・・・・・・・子育ての時

子ども達にしていました。。。トホホです。

 

しかし、我が息子達も、中々のつわもの
いつも、何かのかたち(反抗とも言います)で

私に「ソレ」を気づかせてくれます。

何かしらのギクシャクで、気づかせてくれていました。
あっ  たまに「今」でも続いています(笑)

近すぎるがゆえに起こるコト

 

 

そして、出来るミゾ

 

適度な距離感を保つコト

出来そうで出来ない
家族経営ならではの難しい「心のミゾ」

つくってしまう前にするコト

 

つらつらと書き溜めていきますネ

 


 

 

そうそう、そんな今日は
美人親子が経営をするブティックで
ママの支援を受けて、お嬢さんが独り立ちの為の
新しいブティックを開店されました。

 

もちろん私、応援させていただきます!

そして、すっばらしく沢山の応援団もいらっしゃいました。

image

ちょぃと、おめかしして

image

お初の買い物です。

image

お店の前は、こんな景色

image

すぐ近くには、こんなゆったりとした景色

母と娘のミゾなど、創らないお手伝い

 

 

 

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く