ライフスタイル

あの人が生きた証が、他の方々の手元に残るお仕事

私は、この作家さんの作品が好きで
奈良サロンを創る時に、展示用の棚を作ってもらい
色々な作品を展示販売しています。

 

 

 

IMG_0425

こんな感じ

 

 

奈良サロンには、私達(アラン秀俊さんの方が多いな)を好きでいて下さる方々が
集まってくれます。

そんな「場所」にふさわしい、私達の「好きなモノ」を飾っています。

「好き」と「好き」を繋ぐ場所が創りたくての、奈良サロンです。

 

 

 

作家さんの話に戻ります(笑)

IMG_6669

昨年の初め頃、がんが見つかりました。
それでも、黙々と作品を創り続けていました。

IMG_6671

出来た作品も、鬼のような「奥様」の検品を受けて(笑)
合格シールが貼られないと、商品にはなりません。

IMG_0142

私が伺い出した頃は、おじいちゃんやおばあちゃんも
手伝っておられました。

本当に、家族全員の「手」で創りだされています。

IMG_0141

跡継ぎ息子さんが、事業を継ぎに帰ってくれて
お嫁さんも向かえられ、可愛いお孫さんも生まれ

IMG_0154

IMG_0166

IMG_0739

可愛いこの子のお陰で、家族中の笑顔が沢山、沢山増えました。

それでも、病気には勝てなくて
昨年の12月5日に、この作家さんはお亡くなりになりました。

 

 

それからは、私の役割の「本番」
色々な提出書類の作成のお手伝いをして
色々なお役所や、金融機関に同行したり、指示をしたりして
まだまだ不安たっぷりの「跡継ぎさん」や「ご家族」の背中押しです。

ほぼほぼ、そんな雑事も終わりに近づきました。

 

 

例年出展されている、東京ドームのイベントに

作家さんの作品も、出展されています。

例年ですと、跡継ぎさんは、作家さんと一緒に
作品の「販売」の為にも参加されていましたが
流石に、今回は「販売委託」をされて、参加されません。

という事で、私は東京ドームに足を運び
作家さんの作品が
晴れがましくも誇らしくしている姿を、観てきます。

 

IMG_0428

 

 

おじいちゃんの起こした「タイル事業」から
「朱泥」でメジャーな「常滑焼」を

「練り込み」という手法にして、独自の「加工」を入れた
作風を創り出した作家さん
永くしゃがみ込んだ時間を、家族と一緒に過ごされて
「家内工業所」を守ってこられた年月は、私の想像の出来るコトでは有りません。
が、「家族の和」を護り続けるお手伝いなら、私も少しは出来ます。

 

 

憲児陶苑 堀田憲児さん

 

 

 

 

貴方の生きた証は、沢山の方々の手元で
家族の大切な時間を演出してくれます。

私は、貴方の作品が大好きです。

そして、これからまだまだだと言っている、後継ぎさんを叱咤激励しながら
貴方の生きた証の伝承をされながら、後継ぎさんの作風が生み出されていく過程を
厳しく見守り続けます。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く