ライフスタイル

歌を歌う、絵を描く、日々を文章に綴る、お話をする、自己表現の方法のお陰で

生涯現役を決めて
良いお仕事をする為に、色んな事をしてきました。

 

 

 

私が私の中に有るモノを、外に表現する方法は
沢山有ります。

その為に、これまでに精進して来たコト
「話し方教室」では、「人前で話す事」の訓練
「ボイストレーニング」では、「声」が通り易くなる訓練
と、舞台度胸をつける訓練

 

色々とやっている内に、ひょっとしたら・・・私良いかも
なぁ~~~んて、思え始めての今日です(笑)

何が良いかもと思えたかというと
「人が苦手」だと「思い込んでいた」のが
どーーーーも、それはただの「思い込み」で
実は、私は
「人が好き」なんだに気付いたコトなのです。

そして・・・出来れば「余計なお世話をやきたい」と、思っているコトです。

ただ・・・この「余計なお世話」は曲者で
「相手が望んでいない」コトは、しない!!
いえいえ、してはなりません(笑)

その為には「目に見えない」
「相手との境界線」には、意識を置いて置く
という「礼儀のわきまえ」には、心を配るコトにしています。

その為には「よろしいですか?」と
相手に「声をかける」という事前行為を、怠りません。

ただし、お恥ずかしい事に
初めての「場所」に行くと、どーーーも自分から「声をかける」が出来無くて
「様子見」をしてしまいます。
そして、相手が「良いよ~のサイン」をくれたら
やっと「自分表現」が始められるのです。
↓↓↓↓↓
中々の小心者です。

 

 

 

IMG_0463

このお方とは、もう永くおつき合いをさせていただいています。

マーケティングの勉強会で、知り合いました。

私達は「母仲間」と「娘仲間」その上「事業者仲間」です。

今回も事前お問い合わせをして
ほんの少しの時間ですが「おしゃべり」を楽しみました。

「アランジャム子の配達」を良い口実にして(笑)

IMG_0461

彼女の入れてくれた「たっぷり抹茶」と、彼女の手造り「お干菓子」いただいて

数年ぶりのおしゃべりの内容は、
「元気で良かった」「元気でいようね」
という他愛も無い「おばトーク」(笑)

 

 

ここで、二人の時間を創ってくれたのが「アランジャム子」です。

いつもは、アラン秀俊さんが配達します。
こちらの事業は「料理道具専門店」です。

かっぱ橋飯田屋さん

料理好きのアラン秀俊さんが、ワクワクする空間です。

 

 

それでも今回は、私が行かせてもらいました。

彼女との始めましてのシーンは
「セミナー参加の時」もあってですが・・・
名刺交換だけで、後は一言も「お話せず」
↓↓↓↓↓
その当時、マーケティングの師匠からのお題
「五人との名刺交換」は、私にとっての一番の訓練(笑)
↓↓↓↓↓
苦手意識の塊でした(苦笑)

彼女は、事業継承された事もあって
名刺交換は、積極的にされておいででした。
↓↓↓↓↓
その時の彼女は、苦手意識の塊の私には「光り輝く存在」でした。
今でも、色々なシーンで活躍をされておいでです。

そんな彼女と「おばトーク」

色々なコトが出来るようになったもんだ
と、自画自賛

永い永い時間の中で、少しずつですが
色々と積重ねてきたコトが、私自身の「自己表現」に繫がり
今は、こうして「お仲間」と呼べる人とも
仲良くさせていただけるようになりました。

それにしても「アランジャム子」良い仕事してくれるわ~~~

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く