ライフスタイル

基本、綺麗であるコトには、時間や力を注げます

私たち夫婦は、綺麗好き

 

綺麗という言葉は

美しい、特に見た目がきらびやか・はでで美しい様子

よごれ・余計なものがない様子

特に私たちは、後者です。

これは、アラン秀俊さんが、二度も生死をさまよった時に

傍で、お世話しながら、私自身が感じていました。

 

 

次は・・・・もしかしたら私???

 

 

 

このくらいの年齢になると、何の不思議も無いコトです。

だからこそも余計に、目の前で横たわる人を見ていて、そう感じていました。

 

毎日が仕合せで、毎日が綺麗な生き方をする為に

色々と考えて生きております。

 

 

それには、やはり自分を丁寧に扱う暮らし方

お気に入りに囲まれる

余計なものは無くす

無理をしない

やりたいコトだけする

たまにおしゃれする

image

昨日、ひっさしぶりに「メイクアップ」しました。

普段、清潔は心掛けていますが・・・・

 


 

 

わさわさするのは、苦手なので・・・ゆったりと出来るコトを選びます。

そういう意味でも、奈良での暮らしは、最高です。

時代の恩恵にもあやかれて、どこに居ても仕事が出来て

すっきりとした綺麗なところに居ると、心も晴れやかになれます。

大切にしていただける方々とだけ繋がり

大切な時間を繋いでいると、生きてる仕合せ感にあふれます。

 

 

 

 

 

私自身が、おかしなミゾを感じたまんまでは

 

 

 

 

人様のミゾを埋めるコトなど出来ません!

 

 

 

ミゾの掃除もこまめにしますヨ

 

 

二人で一緒の時は、特に丁寧にミゾ掃除(笑)

 

 

 

 

それは、様子伺いのようなコトでは無くて

出来る限り、自分を誤魔化さないで

相手に自分の意見を、「歯に衣着せず、はっきりと伝える」

ミゾ掃除が高じて・・・・喧々諤々も、有りますが

言わずに、言えずに、ブツブツが残ると

 

 

 

不要な、不穏な「心」が支配し始めますからネ

って・・・・

綺麗にしてるのは

image

ガラスはピカピカにしています。

image

ほこりは、貯めません

一番、気をつけているのは

image

image

やはり、ミゾ

日が当たると、目立つので、特に綺麗にします。

在るべきモノは、定位置だと、落ち着きます。
(在りすぎると・・・整理整頓が出来ません)

 

誇りが溜まると、黒ずみます。
し、それに湿気が含まれると、ベタベタが始まります。

はい、人生を綺麗には、基本お掃除

 

 

ミゾには、余計なモノ&コト貯めないでネ~~~

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く