ライフスタイル

用意周到という言葉がピッタリ、っていうかそれしか出来ない私と、私の周り

サラリーマンさんが
昨年、住宅ローンの借入をして、注文住宅を建てました。

アイキャッチの写真は、それで「手」に入れた「マイ空」

住宅のど真ん中に
毎日見あげる「空」、しかも切り取って「自分だけのマイ空」にされました。
ステキです。

 

 

 

 

そんなお方は、今年「税務署」に赴き
「住宅ローン控除」の手続きをしなくては
今後10年に及ぶ「控除」を受けられません。
先ずは自分で動く事!!

住宅借入金等特別控除

とは言え、初めての事は「不安」が一杯
そして、ネットで色々と調べられて「知識」は得られますが
それさえも文言が難しすぎて「不安」材料を増やしかねない・・・

そんな時の「お手伝いさん」として私の存在

結婚当初からのお付き合いの方
「住宅取得」までの「道のり」にもお付き合い
やっと念願の「注文住宅」をゲット
いつもながらの、私の「構想」

家は、住まうモノでなくて、稼ぐモノ
↓↓↓↓↓
という事で、注文住宅になるのです(笑)

 

 

設計段階から

居住スペースと、来訪者のお迎えスペースの
使い分けが可能なようにします。

主婦が働き易くする事を考えながら
諸々を盛り込むので
ワクワク感も半端かった様子

住宅ローンを組む時には
私も「本領発揮」で、必ず事前アドバイスをしていました。
↓↓↓↓↓
住宅ローンアドバイザー資格有ります。

 

そんなお二人が、奈良サロンに「住宅ローン控除」の
書類を整えにいらっしゃいました。
提出前の「予行演習」です(笑)

 

 

何か有ると、いちいち相談してくれます。
「世話焼き隊」な、私達「すおなペアー」にしてみると
ちょっと嬉しい人達です。

しかも・・・私の「理想の起業パターン」
↓↓↓↓↓
御主人はサラリーマンで、奥様が先に「起業」は
生活の安定=ご主人のサラリー
によって、賄えて
奥様の起業体験=数年先の、御主人の起業アドバイザーの役割
という、夫婦の姿をイメージしながらの「生活設計」が出来ます。
私達すおなペアーは、子育てに「お金」がかかる時期を終えての起業でした。
その分、経験も沢山積んでの起業では有りますが
人生の残りの「時間」が、少なくなってしまっています。

時代の流れを読み取りながら
結婚当初お二人の人生設計のスタートから、寄り添い
しかも、永い時間をおつき合いするのには、うってつけのお方です。
ご両親とも、仲良くさせていただけています。

周りの諸事情も絡めながらの
これからの「生活設計」に、おつき合いをします。

望まれれば「余計なお世話」にならずに、喜んでいただけます。

 

 

まだまだヨチヨチ歩きにもならない「事業者未満」のお方ですが
アランズセレクトクラブ」の「クラブ員さん」です。
アラン秀俊さんに憧れてくれる御主人さまと
私の「弟子」になりたがっている奥様が
「アランジャム子」を買いに来るのが良い「口実」となって

IMG_0511

ちょっとシャレたお土産と、笑顔を持って
始めての書類整備の予行演習です(笑)

いよいよ本番の「税務署の提出」にも、おつき合いします。
↓↓↓↓↓
超過保護です(笑)
↓↓↓↓↓
ただ、こちらも「可能なら同行して欲しい」と、望まれてです。

アラン秀俊さんは、お二人の為(私もついで)に
ランチを準備してくれます。

この先の10年を見据えての、おつき合いはすでにスタートしています。

良い子に育てーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く