ライフスタイル

さくら咲く

アイチャッチの桜は、先日東京で見つけました。
まだ寒い日々ですが、元気に「花」を咲かせていました。

 

 

私の周りで「合格の知らせ」が始まっています。

 

 

受験生の居るお宅では、何かと落ち着かない日々だと思いますが
それも、家族としての「思い出」になる「儀式」ですね~

私も、その昔
まるで自分の事のように、いえいえ自分の事以上に
緊張して迎えていました(笑)

 

 

今となると、良い思い出ですが
当時の私を振り返ると・・・恥ずかしい事だらけです。

まぁ~~~良く取るとすれば、いつも「真正面で真剣」に生きてる
って事ですけどね(笑)

 

さてさて、私がいつも皆様に言ってる「子育ての三つの階段」

 

「手」をかけ
「目」をかけ
「金」をかけ

 

の、最終階段の
受験では「子供」が試されますが
「金」は、「親」が試されます。

頑張って「合格」した子供に対して
「お金」の準備は「親」の役目

我が家に、お金が無いから・・・行きたい学校に行かせてあげられません。
は、無しにしてあげて頂きたいです。

 

 

という事で

 

教育ローン
奨学金助成金があります。

その上、親族(祖父母かなぁ~~~)からの
お祝い援助(贈与)などの「手」もあります。
これは、事前準備の内でも、最終調整の部分です。

 

 

出来る事ならば、お子様の誕生からの準備が、望ましいですネ

 

 

ここで・・・私の後悔です。

 

 

私は、二人の息子が生まれた時から
大して余裕の有る「家計」でも無かったので
いえいえ、余裕が無いからこそ
直前の「手」に至る前と思い
○○局の「学資保険」に加入して、18年間の事前準備をしました。

毎月の「保険料」をお支払いしながら、18年間
息子達の成長と一緒に「保険金=入学金」の準備に勤しみました。

というのも、私達夫婦は
大学生時代(私は短大です)に知り合い
社会にでる前の色々な経験が出来たのも
「親から贈られた時間」だと思っています。
(私は・・・学費も、全て「親任せ」)
息子達が望めば」という大前提があって
息子達の「大学進学」は、当時の私達にとっては
「親への恩返し」だと思っていたからです。
「お金は自由に形を変える=何にでも使える」という考えは
その当時にも、あったので
息子達が望まなければ」何かしら、息子達の将来資金に出来る。
と、固く信じて、18年間「学資保険」に加入して支払い続けていました。

ところが・・・・ファィナンスの勉強を進めていくと

「学資保険」では無く
「貯金」で積立た方が、増えた・・・と気づき
何なら、当時からでも存在していた「投資信託」の積立の方が
大きく増えたを知り

愕然としました。

知らないのは「罪」
と言っても、その当時は「知らなかった金融の世界」でした。

だから、こそ
「知った今」は、私の後悔をさせない為に
「子育ての為のお金の準備」をされてる方に、お伝えしたいと思うのです。

しかも・・・今は

児童手当なるモノの給付が受けられます。

子育ての三つの階段、上手に上るお手伝いしますヨーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く