ライフスタイル

可愛くてキラキラした人生が始まった

女性らしく、可愛い人として、生きていたい!!

かなり永い時間、私自身の事を「放置」しながら
周りを「整える」事に専念して生きて来ました。

それが、少し前に一度だけ「手のネイル」をしてもらった事がありました。

きっかけは「名刺交換」

その方は、とてもお綺麗な方でした。
洗練された美しさをお持ちの方で
特に、名刺を持つ「手」の「ネイル」が綺麗でした。
ので、思わず「お綺麗ですね」と言ったら

 

「テンション上がりますよね~~~」の返しに・・・何も言えませんでした。

 

というのは、正直「パソコン作業をするのには、邪魔では???」
と、思っていたからです。

「鉄の女」という訳では有りませんが
その頃の私は「効率的な生き方」を、優先して生きてきたので
全く持って、意味不明の「テンションが上がる」という言葉でした。

それから、手の爪を整えてもらい「ネイル」をしてもらいましたが
何か「何も出来ない」気がして
↓↓↓↓↓
実際に、その頃は「ジェルネイル」という技法が確立されて居なくて

アラン秀俊さんに「家事できない」宣言して、不評でした。
その上、一ヶ月くらいして、ネイルをとってもらうと「二枚爪」になってて
もう二度と、「ネイルしません」宣言をする羽目になってしまっていました。

 

 

それが、それが それがーーー

昨年の三月、参加した勉強会のお仲間に「ネイリストさん」が居て

それも・・・例年この時期に「確定申告のお手伝い」をして
いつもに勝って、自分を振り返る事など出来ない時期を過ごし
ご褒美に「北海道旅行」に出かけて行き
温泉につかっていた時に「足の爪」伸び放題なのを見て
やれやれ・・・こんなに私自身を「放置」してしまって・・・
と、何だかとても「可愛そう」だと思えてしまい。

早速、彼女に連絡して
「ネイル」をお願いする事にしました。

 

IMG_0565

春が間近な頃で、サクラのモチーフを使い
大好きな「オレンジとグリーン」を使ってくれました。

IMG_0566

伸び放題の「足の爪」は、こんなに綺麗にしてくれました。

「テンション上がる」が、少し解った瞬間です。

ところが、三月
このキラキラは、いつも「靴下の中」(笑)

 

 

それでも、春めいた「心」のワクワク感は、続いていました。

テンション上がりっぱなしでした(笑)

という事で、それからそろそろ一年

私のネイルコレクションです。

思わず、顔がほころびます。

そして、気分が沈みがちな時には、本当にテンションを上げてくれます。

宜しければ、見てやってーーー

しかも、この一年「家事」は、バッチリやっていますよぉーーー
奈良サロンの「庭仕事」も、ちゃんとやれています。

IMG_0578

IMG_0576

IMG_0574

IMG_0571

IMG_0569

IMG_0580

IMG_0587

これ今のです。
指先に「春」がやって来ています。

IMG_0570

IMG_0575

足の爪は、サンダルをはくシーズンだけです。

IMG_0585

ネイリストさんは、横井亜衣さん
愛知県出身で、只今、東京の高田馬場で
ネイルサロンを経営しています。

リリーベネイルというサロンです。

センスの良い彼女に、全てお任せです。

親子ほどの年齢差も、気にもせず

IMG_0577

IMG_0583

IMG_0582

私のおふざけにも、お付き合いしてくれます。

IMG_8422

こんな事も、一緒にやっています。
今年の10月には、銀座の画廊で、グループ展もします。

20770050_1566256506764437_679746598617926954_n

こんな事もしました。

テンションあがりっばなし(笑)

22140307_1400539930063928_132626332_o

22092883_1400539923397262_1470244697_o

奈良サロンにも、遊びに来てくれました。

ずーーーーーっと仲良くしていたい、大切なお仲間です。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く