ライフスタイル

肩から力を抜いて過ごす時のお供

IMG_0875

あまり本を読みません。
↓↓↓↓↓
正しい表現は、本より実践(論より証拠)

 

 

なぁーーーーんて、大げさですが
以前(自分だけの時間の有った時=親の元に居た時)は
「推理小説」は好きで、読んでいました。

が、一旦「家族の世話」を賜るようになってからは
それどころか、自分の身を世話する時間も無いほど、時間に追われて過ごし始めて
いつも、自分は一番最後

これが「自己犠牲」にはならず
それはそれで、幸せに感じていました。

が・・・・・・それも、私自身の「気分」の乗った時のコト(苦笑)

未熟な私は、中々思うように「コト」が運べず
情けなく思うコトも多く・・・

しかし、それはそれで、生来の「負けず嫌いスイッチ」が発動して
「なにくそーーーー」と、歯を食いしばり、頑張り通す!!
そうするうちに「工夫」が出来るようになり、コトは上手く運べるようになる。
の、繰り返しをしながらの「今」のようです。

 

 

これを私の「修行時代」と、呼んでいます(笑)

 

 

 

ただし、誰もが同じように出来る。
とは思っていません。

私と同じに出来る。
よりも、私の通った「道筋」と、私の通った「速度」という
私自身の「物差し」と
相手との「違い」を「認め」ながら
相手の方さえ気付いていない「思い」を探りつつ

私と相手の「物差し」の「差」を「推し量り」ながら
相手の「成長」を促しながら、「時」を過ごす。

これが「その道のプロ」として「お金」をいただける「根源」だと思い
その「差」見つけて、相手の「軌道」の「様子見」する。
という、言葉にしてみると、失礼に聞こえてしまいますが
「相手」もそれに「合意」があれば、コトは前に進み始めます。

というコトで「面談」を繰り返します。
そして・・・「作業」の手助けをしたりもします。
「交渉」の場に臨席をして、手助けをしたりもします。

具体的には、人それぞれなので
やっている事は解りにくいのが、私の仕事の難点でもあります(苦笑)

 

 

これを、私の「収穫時代」と呼んでいます。
まさに「今」です(笑)

 

 

 

ただここ数年
少しの余裕が有るとしていたコトは
とおーーーーい「過去」を探ってみる。
行ったコトも無く、見たコトも無い
ましてや行けるハズも無い「神話」の世界に「思いを馳せる」コト
「推理小説」よりも、面白いかなぁ~~~
などと、思い始めてこんな「本」を買いました。

少しの時間でも、「遠い過去」を感じてみようと思い
まるで、私自身の「個性」の大元を探り始めるように
「気」の向く方向に、動いてみるようにも、しています。

有難いコトに、自営業者には、その自由も与えられていて
自分で創った「時間」に、自分を縛るコト無く過ごせます。

「未来予想図」を更に素敵に創れるようになる為に
「過去に思いを馳せる時間」を持つコト
その為に、もっともっと「過去」を知ってみたくなりました。
奈良は、そんな「過去」を感じる場所が多いのです。

 

 

私はやはり「過去」と「現在」と「未来」への「繋がり」を創り続けていたい。

IMG_0991

そして、こんな本も買いました。

生涯現役だからねーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く