ライフスタイル

そこには、まぶしいばかりの「舞台」が有ります。

ギリギリまでねばった、今年の期限付き作業を終えてした16日のお約束

前もって約束したのは、松阪で長く続く「日本料理店」の
事業継承をされるお方と、顧問税理士センセーとの、打ち合わせ

その次の17日、尾鷲市の早田漁協の「ブリ祭り」が有るのは知っていました。

ギリギリの作業に私自身を追い込みながら
「行きたいゾーーー」と横目にしていました。
↓↓↓↓↓
心の底では、行くゾッと決めて(笑)

私自身の体調も含め、ほぼほぼ行けそうだが見えてきた、16日の朝
アラン秀俊さんに「行きたい! 連れてって」と連絡して
「快諾」いただけ
続いて「当日の、宿とってーーー」と、現地の勇者に連絡をして「宿の確保」
↓↓↓↓↓
かなり、強引に見えます。
が・・・強引です(笑)
↓↓↓↓↓
結構、ギリギリまで意思表示をせずに、周りを振り回し気味です。
↓↓↓↓↓
目論見の状態で、宣言が出来ない小心者
なくせに、負けず嫌い(苦笑)

 

 

 

 

打ち合わせも、上手くまとめて、次への準備に向けて、前に進め
お迎えに来てもらったアラン秀俊さんのレクサス君に乗り込み
尾鷲市に向けてGO---

気分良く、それまで張り詰めていた「気持ちの糸」がほぐれて
綺麗な夕日を眺めながらのドライブでした。
↓↓↓↓↓
アッという間に「爆睡」(笑)

IMG_0900

 

待っててくれたのは、現地の勇者と、奥様とお子様

↓↓↓↓↓

この現地の勇者との出会いからも、逸話が満載
逸話を語ると長くなり過ぎるので、ここでは割愛

そーーーいえば、今年の「初日の出」も、尾鷲で現地の勇者家族とだったワ

 

IMG_0906

昨日の尾鷲の朝日

IMG_0961

現地の勇者は、マイク片手に、大活躍でした。

地元の愛されキャラです。

 

 

ブリ祭りでは、楽しい美味しいコトを沢山堪能させていただき

漁協の「セリ体験」に、アラン秀俊さんは挑戦しました。

狙ったのは

IMG_0954

重さ3.3キロの鯛

IMG_0964

重さ0.75キロの伊勢海老

IMG_0975

こんな感じで「挙手」

IMG_0976

最後まで手を下ろさずに、粘ります。

IMG_0977

ねばった者どおしで「ジャンケン対決」

よほど強運の持ち主の、アラン秀俊さんです。
鯛も伊勢海老もゲットしましたぁぁぁ
この大物を狙ったのは、アラン秀俊さんの「やる気」の為
↓↓↓↓↓
なんだかんだ言いつつ、アラン秀俊さんも、かなりの負けず嫌いです(笑)

 

 

途中から、ノリノリで、良い結果を出したその先は

松阪で長く続く「日本料理店」に、大物を届ける為

 

 

IMG_0897

五代目店主として、先代様が「繋いで来たモノ」を
時代の変化の中で「護って繋ぐ」為に
顧問税理士センセーにお願いした諸々を
どうこの先に活かすかは、そのお方にかかっています。

 

 

ので、前祝(笑)
きっと、先ずは「お客様」を喜ばせていただけるコトになるでしょう。

 

 

私が動くその時に思うコト

上手く行くに違い無い!!

と、信じて疑わないコト

人様の人生に寄り添いながら、応援するお仕事
結構、良い感じに動いてくれています。
私自身の味方は、私
ヒビリながらも、しっかりと「覚悟」して
自分で自分の背中を押します。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く