ライフスタイル

金融リテラシーを学ぶ

可愛い子ちゃんがお泊りしています。

今年、小学生になります。

 

C8A2E12B-5416-4E19-8DE6-81EE6934BCBE

 

ご両親とのお付き合いは、結婚式から
ご主人様(我が長男と同じ年)とは、勉強会の仲間として
ともに学んだ2009年4月からなので、まる9年です。

かなり長く、このお家の成長の傍らに居ます。
しかも、こちらは何代も続く家業を営み、色々なモノやコトを継承します。
日々、立派に成長をしています。
もちろん、苦心惨憺しながらも、前向きに成長をしています。

私は、お二人に「金融リテラシー」を身につけていただく為に
お傍付きをさせていただいています。
そして、二ヶ月に一度は、アラン秀俊さんにもお付き合いいただき
「奈良」での「個別レッスン」
今回は、春休みでお子ちゃまも含めての「合宿」

 

金融リテラシーとは

金融に関する知識や情報を正しく理解し、
自らが主体的に判断することのできる能力であり、
社会人として経済的に自立し、
より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキルです。

と、難しげでは有りますが、それを「お金にまつわるアレコレ」と
私なりの表現です(笑)
そして、私が「育てる」中心は、こちらのママ
長く続く家業を持つお宅では
「それなりのお作法」や「それなりの重圧」も有り
その中での「子育て」しながらの日々です。

「良い事」も「良くない事」も有る中で
しかも、中々「主体的な判断」を下せない立場での日々です。

だから・・・何をどうしてあげる
という事では有りませんが
せめて、ママには

「金融に関する知識や情報」の理解を深めるお手伝いは出来るので
お傍付きです。

私の実体験をなぞりながら、私が身につけた「知識」を基に
「情報」が「今」に合ってるか、その「お宅」に合ってるかの「検証」をします。
「検証の仕方」は「身の丈に合わせてながら」

結果は、お子ちゃまの「笑顔」が証明してくれます。

何をどうカッコつけてみても
何をどうつくろってみても
お子ちゃまは「正直」です。

私の考える中心も「お子ちゃまの笑顔」が続くかどうかからです。

その為のアドバイス(助言または、忠告や勧告)です。

 

 

先の成長の見込める方たちです。
まだ・・・二階でお休みしています。

 

アラン秀俊さんは
お子ちゃまへの「貢物」に「アランズプリン」を焼いてくれました。
夜の「宴」のお料理も創ってくれました。

家族の成長の傍らは、私だけでは出来ません。
私達の過ごした「過去」からの継承の中から生まれるアドバイスには
やはり私達の「暮らし」が有って
それが「より良い暮らし」になる為にが、大元です。

こんな事が出来るようになれて、仕合せです。

そろそろ、二階が賑やかになってきたゾーーー

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く