ライフスタイル

我が道は、狭くてちっちゃくて、可愛い

子供の頃からの「人との間のはっきり」とした「記憶」は
いつも「スタート点」と「分岐点」に有ります。
もちろん「終着点」にも有ります。

(たぶん、三歳くらいから始まっています)

 

 

 

「分岐点」では、そこに立ち止まり「様子見」をしています。

どちらかを決め「一歩」を踏み出します。

そして、その道に「心地良さ」が無くなると
一旦、そこから外れて行きます。
その「心地悪さ」を感じたまんま進んでも
その道は、続かない、続けられないのを知っているから

ただ・・・何かしらの「光」を感じていられるのなら
粘り強く、歩みを続けていられます。

「粘り強い」のには「我」が、はっきりと「心地良さ」を感じていられるコトにだけ

つまり「好き」が有るコトだけ

まぁまぁ単純です。

そして、それに「時間」を費やしていられるからです。

 

 

足元を照らす「光」
遠くを示す「光」
それを感じて、生きています。

春先からの「体調不良」の中
色々と控えたり、止めたりしながらですが
少しづつ「回復」をして来たので
ペースダウンのまんまで
次の「ステージ」に向かう「足場」を見つけました。

 

すこぉーーーーしずつですがネ

無理無く続けられるコトだけ

我武者羅に走った日々を、大切にしていたいので
そんな私の「原点回帰」な生き方
観てていただける方にだけ、観て良いと言われる方とだけ

ちっちゃくちっちゃく絞って
可愛い足跡残して、生きます。
私ブランドについて

ブランドとは
心の中で生まれる「伝わりたい」という視点で考える
「らしさ」を創り上げ、護り抜くモノ

 

昨年、とあるお方から「学び」ました。

 

 

そうだ!!と思い、約一年、悪戦苦闘して、そろそろ船出
と、思い始めた頃からの「体調不良」でした。
ので、更に道巾を「狭めて」みました。

 

見つける為には、やはり狭めないと・・・見つかり難い。

増幅させるには、好きで無いと・・・続かない。

伝えるには、本物で無いと・・・伝わらない。

護るには、大切なモノで無いと・・・護れない。

 

私を私として「表現」していたい。
「表現方法」を「芸術性」の有るモノにする
「数字」は、共通認識を持ってもらい易いのですが
それを越えて、更に私を表現して生きるのに
これから、また少し「学び」ます。

 

ゆっくりと絞り出してみます。

 

私の中から湧いてくる「伝わりたい」を、見つける為に

永田陽子、ここに生きています。

アイチャッチの私は「高橋陽子」でした(笑)

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く