ライフスタイル

子供から学んだコト シニア社会見学の必要性

ゴールデンウィークの二日目を、その日と決めて
お客様のお子様三人との小旅行

子供達は、とてもすなおに「やりたいコト」を、身体いっぱいに表現してくれます。

 

 

 

 

何か行動を起こす時「お金」ゃ「時間」のコトを考えに入れてしまい
↓↓↓↓↓
職業柄、というか
私にとっては「切り離せないキーワード」です。
ついつい行動の中の「意識」からは、無くす事が出来ません。

それは、実はその先の起こる「良いコト」と「悪いコト」の判断をする時にも
とても「重要」だと、思っているからなのです。
↓↓↓↓↓
ライフプランと呼ぶ「人生設計」にも関わって来ます。
ちょっと「大げさ」な表現です。

たとえば、「小旅行の一日の時間」の使い方です。

朝7時10分「土岐市駅」発の電車で出発した、小旅行です。
乗る電車の時間は、すでに決まっているのです。
帰りは、夕方の6時58分「土岐市駅」到着です。
という事で、移動時間も含め、12時間が「遂行時間」です。

アレコレ「やりたいコト」を、子供達なりに膨らませていました。
お兄ちゃんは、二年前に一度経験済なので
「特」にアトラクションの選定は、お任せしました。
↓↓↓↓↓
引率者(一緒に遊ぶ人)のアラン秀俊さんは
それを基に、その場で「時間の使い方」を決めます。
タイムキーパーは、私が務めます。
(役割分担)

B3F1FCFC-5D75-4704-922E-74397E8194ED

子供達には「小旅行」を目一杯満喫してもらいたくって
色々と「算段」しながらも
流石に「ゴールデンウィーク」の志摩スペイン村で
先回も同じ感覚の「計画」の「遂行」は、不可能でした。。。
↓↓↓↓↓
どこも、すごい行列です。
↓↓↓↓↓
当たり前と言えば、当たり前

その都度、タイムキーパーの私は、修正かけていきます。

それでも、事故も無く、帰りの電車に乗り込み
引率者のアラン秀俊さんは、子供達にせがまれ「スマホ」を提供し
ぐっすりお休みでした。

なんとっ!!
帰りの電車は、三人で行儀よく「スマホのゲームアプリ」で遊びはじめました。
おぉーーすげーぞ「今時の子供」の実態に触れて驚きつつ
そんなに長時間では無いから・・・と、甘めの都合で許しつつ
と、帰りの電車は、きっと「ぐったり」と、目論んだ私の誤算でした。
その状況を横目に、うつらうつらしてました。

帰ってからの発覚
アラン秀俊さんのスマホに
アプリの提供会社から、ドンドン「売り込み」が始まった
と・・・ヤレヤレです。

 

 

まだまだ小さな三人ですが
其々の個性も、しっかりとしていて
私達が驚かされるコトの方が多かった、小旅行でした。

たぶん・・・私達の子育ての時では想像もしなかったコトも多く

そういう意味でも「お客様の人生旅行」に添乗させていただく私達は
更に「今」を知り、「今時の」に驚かずに
しかも、「過去」の経験値だけでは通用しないコトも多くなった
この先の「未来」にも、馴染み混んでいこうと思う一日でした。

 

 

シニア社会見学必要ね

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く