ライフスタイル

ジレンマの中で生きているコト

人は、困った時に「さっ」と「手」を出してくれるコトには

「さっ」と乗りたい

だって・・・困っている時の「助け舟」だから・・・ネ

ただ・・・その相手の「真意」を疑うと・・・中々「手」を出せずに
困ったまんまの中で、右往左往する。

どちらが「良い」か解らないから
そのまま「悩み」が深くなり
それでも「忘れる」という行為の出来る「脳みそ」のお陰で
「悩み」が無くなったと「勘違い」が出来れば
「悩み」そのものも「置き去り」に出来て「良い」

ただ・・・ここで「大きな問題」
助けられた方が「忘れ」
助けた方が「覚えて」いる時です(笑)

 

 

ちっちぇーーー

そんなどっちでも良いようなコト

忘れてしまえヨ

みっとも無いぞ、いつまでもクチャクチャ覚えているなんてっ

って、かっこ良く言ってみたいけど
性格なんだし・・・性分なんだから・・・仕方ないよ・・・ネ

なぁーーーーんて、人ゴトの時は言えるヨ

ってなコト、有りません???

そう、人それぞれなんです。

 

 

ほっといてーーー好きなモノは好きなんだから

出かけた先で、見つけたその土地の「美味しいモノ」
それを食べてみるコト
それは、その日だけだから・・・と、自分を許しながらも

何が何でも「食べたい」ゾーーー
「我慢はしない」ゾーーーーーー

だけど・・・「体重」が気になる・・・のよっ
実は・・・「糖尿病」という名前がチラつく・・・のよっ
と・・・どこかの「すみっこ」で「気」にかけつつ

最後は、でっかく開き直る(笑)

 

ってなコトの中で、生きています

それが・・・私を含めた、多くの人
だと思います。
いかがでしょう?

 

 

ところで、ジレンマって何?

俗に、相反する二つの事の板ばさみになって、どちらとも決めかねる状態。

常々、そんな中で過ごすストレスだらけの「この世」です。

だからこそ「忘れる」「開き直る」が居るのかな
なぁ~~~んて思います。

 

それでも、その前に出来るコト

その状態であるコトを知っておくコト

対策(準備)が出来るなら、やっておくコト

かるくSOSを出すコト

 

 

 

っと、すごーーーーく頑張って生きてきた私が言います。
頑張って、出来るようになったコトも多く
頑張れば、何とかなる! とも、思っているコトも多い

でも・・・ネ

機械では無いので(あっ 機械でも疲労摩擦とかも有りますヨ)
どこかで「緩める」コトは必要です。

「緩め方」を身につけて置くのも、大切な「生き易くする」コツ

いろんなコトが有って、色々身につけて、色々と精査して

「今」の生き方が出来るようになりました。

 

 

それでも・・・時々ギクシャク

生きてるぞーーー

あっ すみませーーーん
見苦しいモノをお見せするつもりは・・・もーとーございません。
生きてる証拠に、刈り上げ伸びてます(笑)

 

 

少しは、夏の夜のひんやりになりま・・・せんかネ

生き易くなりたい方、こちらまで

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く