ライフスタイル

仲良しのFPさんとのコト

その人は、今年還暦
そして、おっさん

 

 

知り合ってからは、軽く15年が過ぎました。
当たり前です、FP資格をどう活かすかに、奔走していた時期
そのお方が「講師」をした「FXについて」学びに行った時に
モジモジしながら講義をしてくれました。
講義の内容は、面白かったです。
が・・・モジモジが目に付き、それと最後に言った「僕は、パソコン屋です」
に、ひっかかり「名刺交換」苦手だったのに
イソイソと名刺交換に行き「何とかしてーーー」と、SOSを出したのがきっかけです。

起業当時
あまりにもパソコン苦手なアラン秀俊さんと
元々事務方で、パソコンを使って仕事は当たり前の私との

ミゾを埋めてくれ
私達二人に、パソコンを使いやすくしてくれ
お仕事をスムーズにしてくれたのも、この方です。

 

 

起業に必要なのは、やはり人の縁

お金もコネも人脈も無く起業しました

というお方のバイタリティー
というか、無鉄砲さは、私は苦手です。
元々「無計画」にコトを実行するには

余程の「自信」がお在りになったのでしょう・・・ネ
私には、そのようなお方は、お断りの第一条件です。

 

私の試算には、アラン秀俊さんの成功がありましたから

 

その人とも「肌」が合う、というか「気」が合いますか?

やはり、人は感情の動物です。
ビジネスには「勘定」が要りますが「感情」も要ります。
大概の「揉めコト」は「感情」から始まります。
しかも・・・影に潜んでいたりもします。
その「感情」のミゾが少しでも有れば
避けておいた方が、実は無難

 

 

相思相愛でいられる関係を繋げるか

どこかしら許しながら出ないと・・・惰性では、成り立たなくなる。
しかも、商売にしろビジネスにしろ「お金」が介在します。
「お金」の介在も、それに対する「態度」には
それが「全て」では無くなって、お付き合いが出来る。

実は、私にはこの「日本人ならではの情」が、必要だとも思います。

 

どーーーせならこの人から

何をするにも、何を決めるにも
最後、ここに行き着くのが、長続きと成功の秘訣

 

 

 

 

 

 

話は、戻って、このFP資格有るおっさんとは
アラン秀俊さんも含めて、色々とコラボしてお仕事しました。
そして、そーーーいえば、このお方、松阪の山間部に「別邸」が有るワ
と、思いたったのはアラン秀俊さんです。

私のお客様訪問の帰りに「山の温泉に連れてって」の
私のオーダーに、このおっさんのコトを思い出し、連絡して
訪問するコトになりました。

 

忘れかけていたコトも
こうして「ふっ」とした隙間に入り込み
それからの数時間は、とても懐かしくも有り、楽しい時間でした。
そのおっさんが、山の畑で作った「ジャガイモ」をお土産にいただき
別邸には、ひろ広とした「芝生の庭」が広がっていて
毎回来る度その「お世話」に、汗を流すんだ~~~と
楽しそうに語っていたおっさんの横顔に
ほんわかとした「思い」を、沢山抱えて、帰路に着きました。

 

こうして緩い関係性を繋いでいくには
「誰かの役に立つ」という姿勢を、お互いが認め合っているからです。
起業に「お金」も必要ですが、こうした「人の縁」も必要です。
そんな諸々の関係性の構築についてのポイント知りたい方
ドーーーゾ、お問い合わせを

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く