ライフスタイル

妄想癖は、辞められないワ

妄想って ワクワクしません?

 

 

妄想って
正しくない想念。転じて、根拠のない想像

根拠のない・・・

 

 

私は
それの、根拠を探っているのが、面白く
そして、それを見つけた瞬間に、ワクワクは更に広がるんです。

そうです。
皆さんの中で・・・妄想にしてしまっているコトは
ひょっとして・・・諦めている「現実」なのかも知れない
と、思いながら、その「あきらめの根拠」を探ると
それは・・・「現実」に近づく為の「道すじ」を、見せてくれ始めるのです。

 

 

 

根拠のない自信よりも、根拠のない妄想

どっちもどっちですが
根拠のないモノゴトから、変換点を見つけて
現実に近づけていくコトは、面白い

 

 

今の私達の生活は、その昔の私達にとっては

遥かな妄想の世界でした。

考えてみて下さい!
大した能力も無く
オイルショックの余波を受けての、就職難の時代に大学を卒業して
お金も無いのに「結婚したい!」と、言って
全ては「親かがり」でスタートした私達の生活です。

ただただ一緒に居たかっただけ

なのに、現実はままならない

当たり前、生活するのには「お金」が要ります。

流石に、日々の暮らしの「お金」は自分達で「稼ぎ出す」
くらいの常識は、持ち合わせていましたので
せっせと働きました。

 

働くコトが嫌と思ったコトはありません

誰かの役に立つコトが、自分達の生活を支えるコトに繋がるから
働いた「対価」としての「お金」がいただけ
その「お金」で、自分達の生活を賄えるのですからネ

 

働けば、やりたいコトにお金を使える

まだまだ未熟な私達には、生活を上手く賄うだけが「目的」でした。
が、それも長男が産まれ
その子供の成長が、楽しみに変わるまでには・・・
随分と長い道のりでした。

産まれて三日目に、大量出血で「生死の境」に居た長男でした。

でも・・・その長男もそろそろ40歳
孫は小学5年生

今の私達には、あの日のコトは忘れられない出来事ですが
確実に、日々は積み重なり、命の継承も出来ています。

 

都度、働き方は変化をさせました

どうしても、このままで良いとは思えない
妄想癖の有る私は
上手く行くには、どうするのかな?
という妄想を始めます。

このままで良いという「安心」よりも
更に良くなる「妄想」が好きだから

 

働き方の変化が、起業でした

アラン秀俊さん50歳の時の起業が
今の私達の生活を、手に入れるきっかけに成りました。

起業前には、三年間「数字の根拠」を創り出すための「効果測定」はしました。
(生きていくための「お金」の確保の為にです)
当然ですが・・・これが成り立たないような「起業」は

「妄想」を通り越しての「暴走」でしかないからです。

暴走は怖いけど、妄想はワクワク

そのワクワクを現実に近づけていくのが「プランニング」です。

起業前のプランニング
起業後のプランニング
プランの実行応援に関しても、お任せ下さいネ
「仕合せな働き方」の応援得意です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く