ライフスタイル

秋には、ちょっとだけ大人しく過ごします

ちょっとやりたいコトの整理をしています。

沢山の方と仲良くするのは・・・やはり苦手です。

誠実なお付き合いならば、出来ます。

 

 

 

誠実とは、まじめで真心があるコト

色々なコトに向けて「手抜き」が出来ません。
となると・・・誰かに助けてもらわないと
やりたいコトを増やし続けていると、自分で自分の首を絞めて
やりたいコトを減らすのか、それは本当にやりたいコトなのか
の、選択を迫られます。

 

 

要るモノ、要らないモノ、要らなくなりそうなモノ

大体は、こんな感じの三つで考えながら、整理をします。
ちょっと抱えすぎたと、思い始めたら
その気持ちを感じ始めたら、少し早めにやり始めます。

 

パンパンになる前にです。

というのは、自分自身の「許容量」を知っているから

あまりギリギリ詰め込むと、自分自身の不調に繋がるから

長く生きて来て
何度も何度も失敗をしながら
それでも、自分自身の「許容量」を大きくする為に、踏ん張ってきて
そろそろそれも限界だと知った頃(還暦を迎えた頃)から

「量」を増やすコトよりも、内容の「質」に変えて来ました。

 

量より、質に換えるには

ここまでの人生で培ってきたコトの整理をします。

やってきたコトの中身の整理です。

やれるコト、やりたく無いコト、やりたいコトに分けて
やりたく無いコトを処分して
しかも、やれるコトの質を上げて行くために
技を磨きながら続けていくのは、やれるコトが
それを必要としている人に届くために「伝える」コトを怠らない。

を、実行しながら質を高めます。

それをしてから、出来た時間を「やりたいコト」をする時間にします。
ので・・・時間の捻出には、労を尽くします。
時間は、誰にも平等に与えてもらえてるからです。

 

 

 

自営業を始めてからの、時間の概念

が、それまでの生き方とは、大きく変化して
一日二十四時間の全ては「自由」になり
その分、それに伴う「責任」に対しての「誠実」を更に深めています。

人との関係に、誠実を重んじながらを考えてしまうので
どーーーも、そこには不要を切り捨てておかないと
自分で自分を追い詰めてしまいガチなのです。

なので、時々「整理」をしておく必要に迫られます。

その先には「やりたいコト」をやる為の「時間」の捻出があるのです。

 

 

 

自分自身に敏感である

好き、嫌いがハッキリしているので
嫌な時間を過ごしているのは、先が短くなった私には

「もったいない」を通り過ごして「無駄」だからです。

自分の気持ちに正直で無いと「誠実」には過ごせない!!
自分の「好きなコト」を「やりたいコト」にして過ごす!!

そう信じて、日々を過ごしているので
心の「整理整頓」と、状況の「整理整頓」は欠かしません。

そんな私から「整理整頓術」を学びたい方、こちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く