ぎんなんと砂肝のオイスターソース炒め

<材料>3人分

ぎんなん・・・30粒
砂肝・・・250g
パプリカ(赤)・・・1個
塩・こしょう・・・適量
サラダ油・・・適量
調味料A
料理酒・・・大さじ1
しょうゆ・・・小さじ1
オイスターソース・・・小さじ1
砂糖・・・小さじ1

<作り方>

1.ぎんなんを水煮にして薄皮をむいておく
(面倒な方は水煮缶又は真空パック入りの物を使ってもOKです)
砂肝は4分の1に切り、パプリカは食べやすい大きさに切っておきます。


2.フライパンにサラダ油を熱し、砂肝とパプリカを炒めます。


3.2にぎんなんを入れて塩・こしょうをして更に炒めたら、
混ぜておいた調味料Aを入れて、ササッと炒めたら完成!
※砂肝は炒めすぎると硬くなるので強火で手早く炒めましょう☆

たくさんのぎんなんを簡単に処理するには

1.ぎんなん割り機か、柄の部分にギザギザのある
キッチンばさみで力を加減しながら殻を割り手でとります。
(薄皮はついたままでOKです)


2.鍋にぎんなんがしっかりとかぶるくらいのお湯を沸かし、
薄皮のついたぎんなんを入れ、穴のあいたお玉杓子の底で
コロコロと転がしながら湯がくと、自然に薄皮がむけてきます。


3.薄皮がむけて透明感が出てきたら完了★
使わない分は冷凍保存も可能ですよ〜

 

少量の場合は、割ったぎんなんをいらない封筒に入れて、
2〜3回 口をしっかり折り曲げて電子レンジで加熱してもOKです。
The following two tabs change content below.

永田秀俊(アラン)

菓子・食品のパッケージアドバイザー及び販売をしています。 奈良・学園前のSALON・DE・SUONAのオーナーで、野菜を中心とした料理を提供したり、料理教室やぱん教室を開催したりしています。 最近では菓子・食品(メニューを含む)のラボ(研究所)的な事も取り組み中です。

最新記事 by 永田秀俊(アラン) (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く