ライフスタイル

お金は大切! それを活かすのは、使う人の問題

私には、可愛い弟子がいます。
と言っても、お客様のコト、しかも「財布」を持って「管理」しているのは
大概のお宅で「奥様」
これで一応世間からは「女子」であり「奥様」と呼ばれる立場の私です。
なので、弟子は「奥様」のコトが多いです。

家族経営をされているお宅では、会社の「お金」と、家に持って帰ってからの「お金」は
出来れば「ご夫婦」で「合意」の下で使いたいですよね~~

そのバランスを良好に保ちながら、日々を安泰に過ごせる為にを目指して
お手伝いさせていただいています。

 

 

皆、千差万別

誰一人として、同じ人は無く
しかも、良く似たパターンは有りますが
似通ったとか程度です。

そして、私の指導方法も、其々全く「別」です。

同じパターンの中、良く似た事例は有っても
同じやり方は、絶対に出来ません。

 

 

洋服で例えると

ぶら下がり

いつでも買えるように準備されています。

パターンオーダー

仕立てる期間は要りますが、ある程度の「サイズ」と「布」の中から選びます。

オーダーメイド

採寸されて「ピッタリサイズ」なものが出来ます。

「布」もお好みのモノから創ってもらえます。

 

洋服の創り方にも、色々あって
其々に「値段の差」が出来るのは、解りますよネ

これが「家」においても同じコトが言えます。
随分と「人の手」が介在するのです。
というコトで「人件費」というモノが必要になります。そして「時間」もネ

全てのモノやコトには「人の手」が介在して
「人件費」やその他の「経費」が要ります。

 

 

高い安いという物差し当てませんか?

自分が「買い手」の時は、少しでも「安い」方が良い
自分が「売り手」の時は、少しでも「高く」買って欲しい。

 

って、思っているでしょーーー

 

 

 

時間とお金の関係が変化して来る

私、専業主婦時代には、チラシを眺めて、比べて
少し遠くても、自転車に二人の子供と三人で乗って
「日常品」の最安値を狙っての、買い物をしていた時代も有りました。
その頃は、外に出て働け無かったので「内職」で「お金」を稼いでもいました。

それが、子供の「手」が離れる頃には
「パートタイム」で「お金」を稼ぐようになると
チラシを眺めたり、遠くまで自転車に乗っての買い物はしなくなり
(名古屋市内から、三河に引っ越した事もあり)
車での生活が始まりました。

子供に沢山の「学費」が要るようになる頃には
「正社員」として「お金」を稼ぐようになっていました。

その分、私の「手」からは「家事労働」の時間が減って来ていました。
子供達も「手助け」をしてくれるようになって来ました。

 

この変化が人生設計図です

そう、いつまでも同じでは無く、変化をするのです。

その変化の中で、柔軟に生きて行く為に
「あの手」「この手」を考えて生きていっているハズでしょ?

 

お金が要る「時」も、色々と変化をするのです。
それを「普通」はこんなんだ!
とか「一般的」は、こんなんだ!!

という「他」との「比較のものさし」あてがわれて
決め付けられて良いですか?

 

人生設計図もオーダーメイド

のハズでしょ?

 

「お金の専門家」の私としては
お客様の「人生設計図」を、「普通」や「平均」や「一般的」には創れません。
そして、その「設計図」さえ、刻々と変化をします。

一旦は「目安」としての「設計図」は考えますが
その一旦は、あくまでも一旦です。

 

 

人其々の「価値観」や「人生観」を大切にして創る

それを考えながら、お客様のお宅の「財布の紐」を握る弟子を育てるコトに
日々奔走しています。

私の嫁いだ「永田秀俊家」にとって
「過去」を変えるコトは出来ませんが
「お金の専門知識」を「手」に入れてからの私は
「あの時の私」に足りなかっただけに
私より「時間の残っている弟子達」に

時に厳しく、時にきびしく きびしーーーく
弟子育てに奔走しています。
はい、優しそうに見えても、グズグズダラダラが嫌いなので
ズバッと直球投げます(笑)

「数字」は嘘をつきませんカラ

こんな「透かし眼鏡」でも「色眼鏡」でも、しっかりと観てます(笑)

 

そんな厳しさを覗き見してみたい、勇気の有るお方こちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く