ライフスタイル

許容量を増やすコトは出来るカナ

数字は嘘をつかない!!

数字は裏切らない!!

でも、扱いを間違えたり、見間違えを起こすのは、人の方です。
しかも・・・苦手意識が有ると、余計に間違えたりします。

 

 

私達は人です

人が故に、間違えます。
でも、人が故に許せます。

人が故に、ややこしくも有ります。
感情が優先されるからです。

だからこそ、成長もできます。
それには「許容」という感情を使い、その「量」を増すコトもできます。

「許容」は成長の証でもあります。
許容とは、ある事をすること、ある状態にあることを、許して認めること。

(ここでは、「許容」はあえて感情に限定します)

 

えぇーーーーっと、偉そうに言ってますが
コレ中々できません。今でも・・・中々難しくって出来ません。
私、性格的にも「細かくて」「しつこい」ので、中々出来ません。

でも、そうだと知っているからこそ、出来るようにはなれます。
そもそも、知らないと、できませんからネ

 

 

その訓練は、子育てでした

子供に限らず、寝てる姿は無防備で素直です。
目覚めていて、自我が有ると・・・中々、相手の思い通りには成りません。
特に、アラン秀俊さんも私も「我」が強いので、私達の息子達の「我」は最強です。

(その分、社会の中で息子達は、絶賛訓練中)

 

訓練の甲斐あっての今ですが
またまた二人になると、我のぶつかり合いです。

なので、お互いの「得意分野」には「手出し&口出し」は無し
協力要請の有る時だけ、協力して相乗効果を創り出す。
望まれ無い時には、そぉーーーーっとしておく!!
コレ、鉄則です。

二人の息子に鍛えられた分の「許容量」は増しました。

 

後は、待つ為の「許容量」の増加

これには「信頼」という感情が、必要です。
(ここでも、「信頼」はあえて感情に限定します)

相手をどれだけ信じて待てるかです。

自分でやってしまうのは簡単です。
それをあえて「人」に任せて委ねられるかです。
「委任」という感情も、必要です。

やれやれ、人は人の中で、人と繫がって生きるには
中々の「感情」の中を、上手く生きれるかが
その人の「許容量」の増加次第のようです。

それが、中々難しいのです。
待て無い! 待た無い!!   待たされたく無い!!!
と・・・無い無いづくしだと、もめごとだらけになってしまいます。

 

 

美濃のバカ殿さま、あっ若殿様だったお方と

備前の床屋の娘だった箱入りが

世間に馴染んで長くなりますが
まだまだ修行の道中でございます。

「許容量」との切磋琢磨は、まだまだ続くようです。

まっだから面白がっていられるんでしょうけどネ
後しばらくは、こんな日々を過ごしまする

 

寛容な自身の姿に、あこがれ続けて生きています。

 

同じ時を、仲良く過ごしたいお方、どうぞこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く