ライフスタイル

シニアは退職金で、住宅ローンの繰り上げ返済をしないコト

業界の常識って、何なの???

私が持っている「金融」の資格は
金融機関に勤めて「金融商品」を売る為に使いません。
だからと言って、「金融商品」を買う為の「知識のひけらかし」にもしません。

実績を考慮して、相談者の為に「どの選択が良いのか」を判断します。

退職金の行き先

退職金が入ったり、年金受給が始まったりと
シニア世代の「お金周り」は、これまでの「生活」とは違って来るからと
色々と調べている方、多いのではないでしょうか?

そんな時には「一般的」な意見として書かれているコトを、鵜呑みにして良いですか?

長く長く積み重ねた時間を「お金」に変える瞬間

本当にこの「判断」で良いの?

生活のパターンが違い、顔や考え方が違っているのに「一般論」に沿った行動で良いの ?

 

 

 

資格を取得してからしばらくは、それまで無かった「運用」の勉強が面白過ぎた

 

運用って、怖いと思っていませんか?

退職金の運用を人任せにはしないで
色々と学んでみると、かなり面白いです。

そして只今、日経平均も高めに推移していますね

こんなチャンスは、そんなには無いです。

色々と学んでから、返済に回すのも、良しにしませんか?
他の「経済の世界」には「手数料」とか存在しませんが
金融の世界には「金利」という「別物」があるので、複雑には感じられますが
「金利」について知るには

シニアになって「退職」をして「時間」の余裕が出来てきた「今」

色々と学ぶチャンスに変えてみませんか?

 

 

 

平均点の好きな日本人にピッタリの金融商品あるのにネ

若くて、時間が味方をしてくれる時には「資産運用」というよりも「資産形成」を心がけての
「積み立て型の投資信託」をお勧めします。

年齢を重ねてた「退職シニア」には、「上場型の投資信託」をお勧めします。

無理のないモノで、結果を出すには
色々入った「投資信託」を学んでみるコト、お勧めします。

ちょっとだけ

これは、お客様からお許しをいただき
投資信託の積み立て実績を上げさせていただきました。

 

こんなチャンスがあっても、国が法整備をしても、中々「投資」「運用」の世界を覗きに行かずに
今までの「常識の世界」に留まっているのは
勿体無いとは思いませんか?

 

 

世間一般の常識は、本当に貴方にとっての常識ですか?

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く