ライフスタイル

私が、女優として歩き始めたきっかけは

生命保険は、入る物だと思っていませんか?

image

実は、私は私自身の「命」に生命保険をかけた事がありません。
もちろん「身体」にも、かけた事はありません。
この仕事始めた頃は、それを言って(今でも)何度も、おしかりいただきました。

二人の子供の母となって

大切な家族を守りながら、奮闘の日々を送っていました

病気がちでおとなしい長男と

自己主張の塊のような次男

 

二人の同じ親の掛け合わせて生まれた二人が

まるっきり違うのです。

 

今なら個性だねぇ~

 

と、いえることも・・・余裕の無いその頃の私

・・・???????

えぇ~~~  なんでぇ~~~

の繰り返しでした。

 

それでも、

専業主婦として子育てに専念させてもらえてて、よかったです。

 

経済的には、相変わらず余裕はありませんでしたが

こうして、40年近くたっていても

あ~そうだったワ

と、子供の成長を思い出す事ができる

時間の余裕があったという事ですものネ

有難いことです

 

でも・・・

長男の母子手帳には、生えた歯の一本一本に日付が入っているのに・・・

 

次男の母子手帳には、最初の歯が生えた日だけ。。。

後は、気がついていたら生えてた

ははははっ 力の入り方の違いですネ

 

そんな奮闘のある日

保険のおばちゃん(その頃の私から見てです・・・ごめんなさい)が

たずねて来ました。

 

たぶん、ベランダのおしめ(その頃は布おしめでした)の量を見てかなぁ~

年子の二人分のおしめは、半端な量ではありませんでしたから

 


 

私   「保険に入っていない」

 

保険の方  「入っておかないと、

        旦那さんにもしもの時にどーすんの?」

 

私   「・・・そうかぁ・・・・・

じゃぁ いくらの保険が必要?」

 

保険の方   「普通は3000万円くらいだネ」

 

私   「さっ サッ 3000マン!?!?

どーして3000万???」

 

保険の方   「ふつうはそのくらいいるヨ」

 

私   「ふつう  ふつう   ふつう・・・?」

 


 

どうしても、理解できない3000万円に

仕事から帰ってきた秀俊さんに聞きました。

 

でも、秀俊さんも「ふつうそのくらいは要るだろう」と言いました

 

結局、その日私は保険に入っていない事をしりました

 

そして、仕事をしたことの無い私は

秀俊さんに万が一の事があったら、困る事を知りました

 

だけど・・・・どうして3000万円要るのかは、解らないままでした

 

しかし、このままではダメだろうと、保険に入る事を決めて

 

3000万円の保険に入りました。

 

お金に余裕も無かったので、10年間の掛け捨ての保険に入りました。

 

天邪鬼で「ふつう」がどーなん?

に、ひっかかり続けた私は

ここから、3000万円必要の意味を考えはじめました。

 

今思えば

永田家パーソナルFP(ファイナンシャルプランナー)の誕生です

 

すごく長くかかりましたが

 

私は、ある結論に達しまし

 

そっかぁ 子供は育つ、10年経ったら私が働こう!

 

とても単純な私です。

出した答えも単純でした

 

そして・・・やっぱり

その頃の我が家に3000万円は必要無いことも解りました

 

それと、秀俊さんに万が一の時には、

私と子供に「遺族年金」がいただける事も解りました

 

ますます3000万円は必要無くなりました。

 

万が一の時、という事は 

9999は無いと考えよう!

 

あっては困る万が一に、大切なお金を使うより

9999無いと信じ、大切なお金は、

「保険」に形を変えないで、お金のまんまで残しておこう!

 

「万が一の安心」よりも

「9999の幸せ」に覚悟を決めました。

 

誰も教えてくれなかった事でしたが

あの日、あの保険のおばちゃんが来てくれなかったら

こんな事は考えずに、日々を過ごしていました。

 

ちなみにあの時入った3000万円の保険ですが

掛け捨てで10年、月額約3000円

約36万円支払いました。

 

秀俊さんは、今も元気で居てくれます。

 

あの時以来、我が家は「生命保険」には入っていません。

image

 

お金は、家族の幸せな時間のために使っています
ただし・・・今は、女優さんほどの「多くの役」をこなさなくてよくなりました。

女性は、沢山の「役」をこなしながら生きています。

主婦・母・妻・娘・嫁・・・その上職業人・・・諸々

いろんな「顔」を持って生きているので「女優」と呼びます。
その上、どの「役」も結構「本気」出していますもんネ~~~

image

今日も元気に働きます。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

最新記事 by NagataYouko (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く