ライフスタイル

命のバトンを繋ぐコトの難しさは、コツコツで回避できるコトも有ります。

結婚30周年の時、沖縄で真珠婚式をした写真です。
会社設立3周年でも有りました。

 

それから10年以上過ぎて、まだまだジタバタと予定満載の日々を過ごしています。

それが出来ていて、とても有難く仕合せな日々だと思います。

小さな「乖離」を見つけては、繋いでいくのが「私の仕事」です。

 

小さな乖離とは

隙間とも言います。それをあえて「ミゾ」と言っています。

元々が小心者で怖がりの性格は
しっかりとモノゴトの「そもそも」を見つけて
それに沿った解決策を提案させていただいて、喜んでいただいています。

自身で「それ」に気付いているお方は、問題を解決できますが
「そもそも」「それ」にさえ気付いていないお方には、呼び止めてまで「お知らせ」出来ません。

 

感情が優先すると、つい広げてしまいガチ

それでも、私達は「感情」に生きています。
浮いたり、沈んだりと、中々コントロールの難しい「感情」です。

お客様やスタッフさんとの「感情の行き違い」は、早めに埋めておかないと
私自身の「今」を守れなくなります。

伝えたつもり、伝わったかどうかの「確認」は
いつも小まめにやります。
それでも、細かすぎるのも「問題」を引き起こしガチなので
やはり「塩梅を取る」という「バランス」が大切です。

その為には「感性を磨く」が、必要なのです。

相手を「思う」、相手を「尊重する」という
自分以外を「観る」為に、感じる力が要るのです。

 

 

放置プレーでは、上手くいかない

気付いた時が変える時です。

気付かなければ・・・そのままでドーーーーゾ

あえて、それを相手に突きつけて、嫌われようとは思いません。
が・・・きっと、どこかでアレ? アレレ?? アレレレ???と、気付きます。

乖離が大きくなると、ギクシャクが体感できるようになるからです。

色々とガタガタが始まります。

それは、身体も心も、なんなら「お財布の中身」もです。

いつも私が「気」にしているのは、そこです。
過信はいけません。
過信できる程「立派」には成れません。

だからこそ、小さな事からコツコツなのです。

 

 

 

大きなコトを成し遂げたければ、時間を味方に小さなコトをコツコツ

私達夫婦の生きた40年は、見事にそれです。
24時間365日40年は
なぁーーーーんと350,400時間  2,1024,000分 1,261,440,000秒

 

すごーーーーく永い時間を、息をとめるコトなく、心臓の鼓動をとめるコトなく
丁寧に、誠実に生きて来ました。
結果、大きくなれたようです(脂肪の厚みもネ)

あっ そろそろ7年が来ようとしているあの日、大きく息を止めかかったのは、アラン秀俊さんです。
あの時、ほんの一瞬が間に合わなければ、今日は有りませんでした。

 

産まれて100日くらいの私です。

 

 

それでも・・・いつか命の終焉は来ます。
昨日ブログに書いた同級生さんは、同じ日「天に召されました」
私は、色々の予定が重なり、お見送りには行けません。
が、沢山の同級生さん達が、沢山連絡をくれました。
私の変わりに、同級生さんをお見送りに行ってくれます。
永い永い時間、良く頑張ったね~~~
亡くなった同級生さんには、沢山のお孫さんが居ます。
お母様を残していかれる無念を思うと、心が痛みます。

私達は、生きています。
何があっても、受け入れられるほどの許容量は、まだまだですが
出来るコトを出来るだけは、繋いで生きます。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く