ライフスタイル

来た人が、前に進むヒントを持ち帰るのが、面談

私にとっては、過去の経験の引き出しの中に有るコト
お客様にとっては、まだ未経験のコト

面談という名の「おしゃべりタイム」でするコトは
お客様の言う事を聴いていて、あぁーーーポイントはココ!!を見つけて
そこのポイントを明らかにして、「こうやると良いよー」という前に進む提案をします。

 

それを「そーーーだナ」と、お持ち帰りをされて、一定期間実践してみると
思った通りの効果が出たり、出なかったりします。
効果の出たコトは、そのまま継続
効果の出なかったコトは、仕切りなおし

その繰り返しなだけです。

 

 

何をどうして良いか、どこに聞きに言って良いか、解らない

今のまんまでは無くて、変革を求めているけれど
ただ闇雲に進むのには、「勇気」が要るヨ
というお方は、私と話しているうちに、私の手渡した「ヒント」を喜んでお持ち帰りになります。

 

ただ、それをそのまま実践し続けるのは、実は至難の技です。
だって、今までどおりでは無いのですから・・・
それを実践し続けるのには、そうだと思い続けていける「覚悟」が要ります。

面談と言う名の「おしゃべりタイム」では、その「勇気」と「覚悟」の共有をするのです。

 

 

私がしているのは、お相手の中の整理整頓

誰かに話すコトで、中身の整理整頓が出来るのです。
私がしばらく聴いていて、アレ??? アレレ?????には「質問」をしてみます。
そして、そこからが「再スタート」の「仕切りなおし」になります。

それを繰り返して数年経つと、随分と変革が出来てきます。

日々の繰り返しは、大した事有りませんが
継続した数年は、ものすごく変わってきます。

 

変化を恐れず、変革をしていると、ご自身でも大きな成果を見て取れるのです。

 

 

三人三様の生き方

同じ日に、三人の経営者の方との「面談」をしました。
人は其々に「顔」や「容」や「年齢」「家族構成」諸々違う別の人です。
そこで共通するのが「今という時代」に「私との時間を持つコト」なだけです。

私にとっては、どのお方も大切なお方です。
そして、プロとして「お金」をいただく以上「成長の傍ら」を勤めて
「成長を促す」のは当たり前のコトです。

 

継続面談をしながら過ごした数年は、そのお方の成長の「軌跡」です。
目を細めて成長を喜び合えるのは、私にとっての「誇り」です。
もちろん、残念ながら途中脱落されていった方もおいでです。
「経営者」としてだけで無く「人」としてのお客様の人生に寄添うのは
お互いの「気が合わないと」難しいのです。

かなり、強引なコトもしていただきます。
かなり、奇抜なコトも言います。

それでも、お持ち帰りいただいた「心づくし」は、お客様の成長には必須事項です。

次回までの「ヒント」は、どんな変革の「種」として成長するのか
楽しみ楽しみ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く