ライフスタイル

私の言えるコトは、私の経験の範囲でだけ、知らないコトは全く知らない

そんな私は、ダメダメだと思っていた時期が有りました。

それでも、喜んでくれる人が居て、安心してくれる人が居て、プロとして「お金」をくれる人が居る。

それを「誇り」として、堂々と生きていこう。
そして、もっともっと喜んでいただこう。

 

 

 

決めたのは、そういうコト

私の存在を喜んで下さる方が居て、その方に失礼の無い振る舞いが「プロの技」を披露するコト

私の力を出せる「プロの領域」は、お客様が決める為に必要な「情報収集」して「整理整頓」して
決め易くするコトです。

私自身の迷いは、お客様の判断の誤りにも繋がります。
世の中の仕組みの全ては知らなくても、お客様周りの「大切」にして残しておく「物事」を決め易くするのは「情報収集」の「仕方」も、とても大切です。
「要る情報」「要らない情報」の判断は、私がさせていただきます。

迷っているから、私に聴きます。
迷っているのは、どこか??? を、判断するには、色々な質問をします。

たまーーーに、その質問に驚かれたり、怖がられたりします。
そんな時には、たぶん・・・私との相性が悪いのかナと、問題解決を諦めていただきます。

実は・・・「そのおののきの中」にこそ、問題の本質が隠れていたりするのです。

 

私は、ほんの少しの狭い範囲のコトしか、解りません。

それがいけないコトと思って、中々前に進めずに居た時期が有りました。
そんな時は、足踏みばかりして、逆にその足踏みが、私を泥沼の中にズブズブと沈めていました。

それは、無駄なコトだと、今なら解ります(笑)

 

 

少しの我慢も出来ないなんて、大人としてダメでしょーーー

それも、タダの妄想でした。

 

そんな私とのお付き合いを、喜んで下さる方々に囲まれているというコトは
私の知ってるコトと、私の経験の中にも「価値」が有って、人を喜ばせるコトが出来るんだーーーというコトです。

 

 

無駄にグダグダとしていないで、トットと始めましょ

と、今なら言えます。

無駄が何かを知るのは、とても大切です。
気付かない内に、ドンドン侵食してきている「無駄」に気付いてみましょう。

 

先日の、国民皆保険制度の日本の記事より

私は、営利企業の「保障」を買っていなかったので、そちらからの「給付」は受けられませんでした。
その分、毎月のコツコツ投資をしています。
どうしてもお金が「必要」ならば、それを「一部解約」して使います。
が、お陰さまで、今回の「自己負担額」は、あの記事でお知らせしたとおりです。
「一部解約」するほどのコトも無く、済みました。
国全体での「保障」で賄えたからです。
その上、毎月通院で必要な「お金」は、毎月の積立て額を「減額」して賄えます。

全ては「お金に対する考え方」次第なのです。

そんなお金に対する「苦手意識」の有る、そこの貴女
知ってみませんか、貴女が本当に必要と思う「お金のコト」
ひょっとして、勘違いかもネ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く