ライフスタイル

愛おしいという感情には、厳しさも要るナ

色々な思いの中で、暮らしています。
沢山の人の中で、暮らしています。

好きと嫌いの狭間だけでは、決められないコトも多くあります。

ただ・・・心が押しつぶされてしまいそうな、感覚にだけは陥らないように、少しだけの冷静さは保っていないと、生きるコトを活かされるコトを「愛でる」のは、難しくなります。

 

大げさな書き出しですが。感情のもつれは厄介

私自身、モノゴトをシンプルにする為に「数値」を用いるコトが多いのですが、それだけで「解決」出来る程、人間の「感情」は、簡単では有りません。
なので、余計に人とのお付き合いには「気」を配ります。

案外、プロとして「お金」をいただきながらの「お付き合い」の方が「気」が楽なコトも多いです。

 

相手の「感情」を推し量るのは、難しい、難解過ぎて無理です。
なので、出来る限り自分の「感情」を素直に表現する事が、大切なんだを意識して暮らしています。

人(特に年長の方や、強い立場の方)は、「傲慢」と「責任」の狭間を勘違いして、対応しがちです。
という、私もやりそうです(苦笑)

 

 

稽古の後で弁当を食べてる祖母様と孫娘様に学ぶ

私が傍にいて、着替えをしていたので、余計に「食べる事」に集中出来無かったのも有りますが、私の生徒役の孫娘様は、食べながらも、私に話かけてくれてました。食べ物の話の時だけなら、まだしも、孫娘様の興味のあった事への話に移行始めた頃、祖母様からの一言「一生懸命に作った弁当を、一生懸命に食べてくれないのは、悲しい」でした。

 

あっぱれーーーーー      さすが!!!!!!!!!!!!!

 

そうすると、孫娘様も祖母様に謝り、食べる事にだけ集中し、食べ終わってから、私との話を始めました。まだ修学前の小さな孫娘様ですが、それにも感動の私です。
難しいセリフの文言も、孫娘様にとっては、ただの「記号」です。

 

劇中のしぐさもセリフも、私はまだまだ足元にも及びません。

 

 

それでも、私は「みつる先生」「生徒さん達」と、難しい「軽減税率」について学びます。

 

 

怯むコト無く、媚びるコト無く、私が私の「役」を演じ切るだけで無く、全ての関わった人が笑顔でいっぱいになる為に、ちっちゃな先輩役者さん達の胸を借りて精進します。

 

 

愛しいとは愛おしむとは

かわいく思うさま。恋しく慕わしい。

反面、かわいそうだ。ふびんだ。という意味も有ります。

 

愛情深すぎて、出過ぎてしまい、返って「良さ」を潰しかねないように、少しの隙間を上手く保ちながら、相手の個性を尊重して、私の個性も磨かせていただきながら演劇を良いモノに仕上げていく。
もう、後が有りません。やるしか有りません。
でも、それが「仕事」とのバランスを取りながらやれてるコトには、自分で自分を愛しく思います。

 

愛おしむになると

惜しんで大切にする。が、加わってきます。
せっかく拾った命で、出来るコトの為に、自分を出し惜しみせずに大切にして生きます。

劇団に加えてもらいながら、出過ぎず、出し惜しみなく振舞い、役を演じ切る。

 

もぉーーーっと精進しまぁーーーーーすぅ 皆、応援してねぇ

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く