ライフスタイル

沢山よりも確実を選ぶ

性格も有ってでしょうが、どうしても多くを観るより、確実を観てとります。大きな組織に居た経験も有りましたが、それはそれで、安心感が有って居心地が良かったというよりは「自分を無くしそうな違和感」も感じていました。
かというと、私自身の居場所を自分の力だけで確保できる「力」には不足している事実も知っています。独り暮らしは、未だにしたコトが有りませんし、しようとも思っていません かなりキッパリと

誰かに譲るとか委ねる前には、自分自身の声を聞きます

あんた本当にそれで良いの?って、声が聞こえます(笑)
面談や、様子見では良くやります。それが、結構な刺激になって反映されます。が、それを置き去りにして、自分を正当化するコトに懸命になる人との時間は、無駄だと思い始めるので、今までに多くの「別れ」は体験して来ました。その別れは、有る意味「私自身を救う」にも繋がるからです。私自身の時間の「無駄遣い」に繋がるからです。と言うから「我侭」だと言う指摘も受けるのです。

事務方として「数字」の確実だけを求められていた時には、こういったコトは無くて済みましたが、「人」と関わるを選んだ瞬間からは、「心の安定」を観ていないと、バランスが崩れ始めるのです。
実は、そのバランスが大切で、バランスを崩した上には、何を積み重ねても上手く重ならないのです。継続が出来なくなるのです。

子育てや事業の継承を確実にが願い

私のやって来たコトしか提供出来ません。私の出来るコトしか提供出来ません。それは、せっかく得た機会を減らすコトになるからと、せっせと出来るコトを増やす為に挑戦して来た時期も有りました。が、少し前から私自身の「残り時間」を数え始めた頃から、またまた「このままで本当に良いの?」という私自身の声に促されて、随分と沢山の「別れ」を自ら進んでやって来ました。なので、余計に「確実」を選ぶようにもなって来ました。

それは、面白みに欠けるコトかとも思っていました。が、やってみるとそうでは無くて、まだまだの「やり残し」や「積み残し」を見つけられるのです。「確実」という言葉の陰に隠れてしまった「面白み」を見つける度に、ヤッターーーと歓声をあげているのです。

それは、色々なパターンに正解が無いのを見つけるからです。
数字の積み重ねにしても「足し算」だけで無く「掛け算」もあり、やり方次第で、導き出される「結果」も違ってきます。

面白がるを味付けにする

と、色々な変化を見つけられます。変化を楽しむには、色々な意味での「余裕」も必要です。余裕が有ると、色々と試してみられるからです。試してみてダメならやりなおす。その為の「道具選び」だったり「道筋選び」だったり、確実の中にも「選択」が有るのです。

そしてネ 究極の選択は「人」に繋がるのですよ!!
あの人が居るから、あの人が言うから、あの人に選ばれたいから
私が目指す「あの人」は、まさに「私自身」です。私は「私」を認めて、私の「尊厳」を護りながら、私が「周りにお返し」が出来る為にも、私は私を護っていけるように、私の中の私の存在を面白がって生きていられるように、日々を暮らして生きます。

面白がるのと、はしゃぐのは違う

たまに巷で、勘違いをされているのをお見受けして、悲しい思いをするコトは有ります。私の言う面白がるというコトは、誰も傷つけないという「絶対条件」がピッタリと付いております。はしゃぐの中に「反ったり割れ目が出来る」という意味合いが含まれているので、ちょっと苦手なのです。

子供の成長も、事業の継続も、繋がりを欠いては、成立しません。

私の目指すのは、小さくても確実です。落ち着いて地に足をつけて、ゆったりとして過ごすには、私自身の変化を面白がるのを、楽しんでいられる人であり続けます。

って、私自身に日々掛け声かけかけしています(笑)

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く