ライフスタイル

相談と言いながらの愚痴は止めて

ご本人が知ってて、ほんの少しの愚痴なら、大人のふりして聴けるけど、私も人で、愚痴を聴くのは疲れます。気付かず面談で言って来るお方には、一刀両断で切り捨てます(笑)と、沢山の方々との「お別れ」を経験してきました(苦笑)
せっかく、私を見つけてくれたのに・・・せっかく私に「お金」をくれるのに
でもネ 嫌なモノは嫌!! ちっとも大人対応の出来ない私なのです。

多少の我慢は出来ても、嫌いになったお方とは、繫がりさえ持ちたく無いのです。やれやれな私です。

身体を壊した今だから、余計にそう思う

仕事は、誰かを喜ばせて対価をいただく手段です。頑張り過ぎて身体を壊してしまったので、以前に増して、強く思います。何をするにも一生懸命過ぎるので、お話聴くのも、気を抜かずに一生懸命なのです(筆記せずに、聴きとめるのです)なので、愚痴や面白がれ無いお話を聴くと、とても疲れるのです。仕合せの連鎖を創れず、ドロドロとしたマイナスの泥沼に、引きずり込まれてしまいそうになります。大人気無いので、それがとても身体に影響を及ぼしてしまいます。

これって、実感してみたからこそ、解る事です(苦笑)しかも、元通りの私に戻れないだけに、余計に労わってあげようと、思います。

人は本当は決めている

誰かに言われて出来るくらいなら、最初から出来ているし、やっている。かなりの確率で、当たっています。そして、それをやりたいと思っているのも、ご本人です。「やり方」が解っているなら、誰かに聴いたりしないで、とっととやってしまいます。真剣に人の話を聴いて、真剣になればなるほど、距離は遠退きます。だって・・・人は、他の人の言うコト聴きませんから(苦笑)聴いてもらいたかったら、先ずは自分から近づいて、相手の言ってる事を聴くから始めないと、上手くいきません。とってもとっても沢山の時間と熱量を持ちながらも、それを「こっそり」と「ポケットの中くらいに、持って置く」くらいの「適度な距離感」が無いと、上手く行きません。

何度も、何度も頭をぶつけ、何度も何度も「やり直し」をして来て、やっと解ったコトです。

舞台の稽古と本番で気付いたコト

編集の無い舞台は、人生そのものかなぁと、やってみて初めて体感しました。頭の中では解っていたつもりですが、実際には、全く通用しませんでした。そして、その本番を迎えるまでの稽古では、当日を120%で迎えるくらいで無いと、観ていただけ、喜んでいただける舞台は、勤めあげられません。舞台裏の、控室では、本当に「ひっそり」と陰をひそめて、舞台上では100%全力を出し切る。やってみて実感した感覚です。ひとつ幕を終える度、膝はガクガクでした。良い歳をして・・・なんて、有り得ません。通用しません。いくつになっても、今日は今日の本番です。まだまだ学ぶ事、身につけられる事の多い、楽しみな人生です。愚痴など言う暇も、聴く暇も無いのです。

The following two tabs change content below.

NagataYouko

金融機関に勤めた事も無いのに、46歳でファイナンシャルプランナーの資格取得に燃え、資格取得の勉強中に「お金の最高の活かし方」には「会社設立」が一番の近道と思い立ち、人生のパートナー「永田秀俊」に猛烈アタックして、秀俊50歳、陽子48歳で「独立起業」して、15年が経ちました。元事務員の経験も活かして「起業家のお助け隊」として、東奔西走の日々

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く