厚切りれんこんの照り焼き

秋、冬はれんこんが美味しい季節。
旬のれんこんを食べて風邪を引かないよう栄養をつけてくださいね!

このレシピの楽しみ方として、仕上げにラー油をふってピリ辛風味にして、
アツアツの白ごはんにのせて丼として食べても最高ですよ!

もちろん、お酒のつまみにもよく合います。
残ったら次の日のお弁当のおかずにもOK!

照り焼きのタレを作るのがめんどうだな〜っていうときは、
市販の焼肉のタレやステーキソースのタレを使うとイイですよ。

材料(4人分)

  • れんこん・・・大1本
  • 青じその葉・・・3〜4枚
  • サラダ油・・・小さじ2

★照り焼きのタレ

  • 醤油・・・大さじ2
  • 酒・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • 豆板醤・・・少々(お好みで)

 

作り方

  1. れんこんは皮をむいて12〜13mm厚の輪切りにした物を用意します。
  2. フライパンにサラダ油をひき、れんこんが重ならないように並べ、両面をこんがりキツネ色になるまで焼きます。
  3. 両面がほどよく焼けたら、★のタレを加えて全体がからむように煮立てながら照りを出していきます。
  4. タレが煮詰まって、全体にからんだら、お皿に盛りつけて細く切った青じその葉をふって出来上がりです。

 

栄養豊富なれんこん

ビタミンC、食物繊維、カリウムが豊富。二日酔い、むくみ、風邪予防、成人病予防、また、美肌効果もあります。

The following two tabs change content below.

永田秀俊(アラン)

菓子・食品のパッケージアドバイザー及び販売をしています。 奈良・学園前のSALON・DE・SUONAのオーナーで、野菜を中心とした料理を提供したり、料理教室やぱん教室を開催したりしています。 最近では菓子・食品(メニューを含む)のラボ(研究所)的な事も取り組み中です。

最新記事 by 永田秀俊(アラン) (全て見る)

関連キーワード

大切な人の健康長寿を願って贈る 愛知名産「安城和泉手延べめんギフト」福禄寿ギフト お店を見に行く